雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP6プレイメモ:01】[ネタバレ] 冒頭部 

 おもむろにEP6のプレイを開始したり。
 今までで一番面白いと製作日記に書かれてるものがどういうものなのか、じっくり見たいと思います。

 EP5と似たような感じで、適当なところまでプレイしては逐一おおざっぱなプレイメモをアップしていきます。
 あとコメントはプレイ完了まで受けつけない設定にしてあります。

冒頭部


大聖堂の婚礼?


 どうやら戦人とヱリカの結婚式らしい。前回から話が繋がらないので、EP6の途中のシーンを時系列を入れ替えて冒頭に置いたのだと思われる。
 ヤラレた感じの戦人が出てくるので、一端ヱリカに負けたんでしょうね。んで、このシーンの続きで逆転するという展開なんでしょう。たぶん。

 よく分からないのは「結婚」する理由です。
 戦人を引き摺り下ろしてまたヱリカが当主かつ領主になればいいんじゃないかと思うんですが、なんでか結婚しようとしてますね。
 「?分の1でしか祝福されない」ってヤツと関係してるんだろうか。

複数形の戦人


ベルン「ねぇ、聞いてる? あんたたち?」
新郎に、あんたたちと複数形で語りかける。……もちろん、新郎が複数のはずもない。
 とりあえず最初に引っかかるポイント。戦人の中身が複数ってことであれば、明日夢が戦人の実母でないとかあのあたりのネタと関係してそう。
 なぜベルンがそう言ったのか、EP6を読み進めていけば分かるのでしょう。

「戦人」に関する物語の融合


 ちょっと横道にそれる感じ。ベルンが戦人を複数形で呼んだ理由と直接関係するかどうかは別にして、ここでようやく発想することができた(ここまで全然考えたこともなかった)ことがあります。
 それは戦人という存在もベアトと同様に、複数の物語の融合体として存在してるのかもしれないということ。 (参考:【うみねこ】 ある物語の系譜 -受け継がれ変わり行く物語の物語- - 雛見沢研究メモ(仮)

 つまり例えば戦人Aというキャラの設定・生い立ち・物語といったものと、戦人Bという別の存在のそれが、無理矢理「右代宮戦人」として一個の存在に融合してるという感じ。外見と名前は一つだけど、中身は複数の人間・キャラクターの複合体かもしれない。……であれば、そこからいくつか推測できることがあります。

・戦人は複数の存在・複数の物語に分解できる。
・複数というのは、二つでなくてもいい。いくつあってもかまわない。
・ベアトを融合体たらしめている理屈は、戦人にも恐らく通用する。
・ベアトはともかく、戦人には自分が複数の存在の融合体であるという自覚はない。
・戦人のキャラとしての不安定さは、ベアトのキャラの不安定さに通じる。「物語の融合による歪み」…無理矢理複数のキャラクターを一つに纏め上げているため、行動や言動、キャラ設定がちぐはぐになる。
・ベアトは戦人が複数の存在の融合体であることを知っている。だから明日夢と戦人の繋がりについての質問ができる。

 例えば少し後に登場する「八城十八」が物語の登場人物として「戦人」というキャラクターを作る際に、彼に関する様々な情報の断片(ボトルメール以外にも信頼性を問わず)を集め、自身の主観によって再構成したと仮定すると……その人物像は本来現実に存在した戦人のものとは幾分違っているかもしれません。
 極端なケースとしては、戦人の性格に関する正反対の情報を無理に融合して、情緒不安定でワケのわからないキャラクターができあがるとか。

 んで、ベアトが「戦人=融合体」と知っているようにベルンも知っていて、それを示唆するのが戦人に対する複数形の呼びかけだったのではないか、という。
 わかったような、わからんような。

密室に閉じ込められている何者か。男と女?


 話の繋がりからして恐らく戦人だと思われる人物が、密室に閉じ込められているシーン。
 チェーンロックがどうしても開かない。
 ここで不可解なのは、最初は男っぽかったキャラクター像が、途中で女っぽくなっていること。

俺は、チェーンロックが昔から嫌いだ。
 この時点では男。
 ところが
何、これ……!? 誰か来て…。どうして声が出ないの…!?
 と途中から女っぽくなってます。

 一つの存在の中に男と女が同居しているなら、多重人格のようでもあります。
 あるいは、ただ複数の人間が同じ部屋にいるだけかもしれない。

 または、さっき書いたみたいに、「戦人」というキャラクターの構成要素に「男」と「女」の情報が混ざっているということかもしれない。

 もしくは、ちょっと読み進めると出てくる「新ベアト(とりあえずこう呼ぶことにした)」が今回の犯人として設定されているなら、密室トリックを破られてベアト(犯人)の正体が戦人だと割れそうになっていることを示しているのかもしれません。つまりこの場合、「男=戦人、女=新ベアト」となります。
 ちょうど、EP3でエヴァ=絵羽だと暴かれた時のシーンみたいなもの。ベアト=戦人だとバレそうになってる。
 とすれば、今回戦人はEP5で披露した「自分犯人説」でトリックを構成してるんだろうなーと推測できます。

 一つのキャラクターの中に複数の存在が?というあたりのネタが冒頭から提示されてるようなので、今回はずっとこのネタを引っ張るのかもしれないなーと。
 こんなところでウダウダこだわっててもしょうがないので、次いきましょう。

 つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。