雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:12】[ネタバレ] 1986年10月4日 21時48分 

 あらすじをまとめれば多分三行。

*ネタバレ注意

21時48分 1986年10月4日


◆薔薇庭園
夜10時前 台風

傘 
紗音
戦人、朱志香、譲治(眠った真里亞を背負っている)

紗音「お屋敷はぴりぴりしてる
戦人「親族会議か
→★今回は金蔵が出てくるらしいですが、果たしてどうなるか。

ゲストハウスへ


メタ視世界


戦人「まさか本当に祖父さまが
→★金蔵がらみで、青字についてどう反応するかがポイント。

エンジェ(縁寿)「これが魔女の反撃
ベアト「金蔵というジョーカー
→別にジョーカーでもなんでもないというか……

戦人「ひとつの推理が外れただけ
エンジェ「赤い真実で否定されたわけでもない まだ戦人の説は破られたわけではない
戦人「金蔵が現れない可能性
金蔵が現れても、まやかしだ、で済ませることができるのかどうかが問題

▼【三層世界】
 いまさらですが一応書いておきますと、私はもう「黄金の蝶が出てきたから幻想パート」とか考えてません。
 世界を三つにわけ、
 ・「現実世界(1998年の縁寿まで続く世界)」
 ・「ゲーム盤世界(六軒島の事件が起こる世界)」
 ・「メタ視世界(ベアトと戦人が赤字議論やってる世界とか)」

 とした時、「ゲーム盤世界」は基本的にすべてまやかしだと考えてます。

 なので、黄金の蝶が出てこようが、金蔵が出てこようが、全部「まやかし」扱いです。
 食堂に金蔵が出てきたところで、「ほんとうにそこに金蔵が居る」かどうかは別問題。魔法かもしれないし。どうせゲーム盤の上。なーにも信用しません。


食堂


南條+親たち

楼座「真里亞は、傘をくれた人物をお父様だという
→★ベアトの役割を金蔵が?

秀吉「作戦が根底から崩れた
→えー、親たちが「金蔵は死んだ」とする根拠は、本当にあんな推測だけだったの?
 裏も取らずに交渉してたの?マジでか。えー……
 スルーしちゃおう。

絵羽「もう終わりだ? 兄こそが跡継ぎと宣言
→蔵臼だけが忠実だったことになるからですね。

霧江「真里亞は本当に金蔵に傘を?
楼座「真里亞が嘘を?
霧江「ちょっと考えてみたら、傘がどうこうなんてどうでもいい
→ほんとにどうでもいいですね。

蔵臼「源次さんに任せよう
→ちょっと不安な蔵臼さん。

10時が開催予定時刻
廊下から複数の足音
・郷田、熊沢戸締りの報告
→フェイント

蔵臼「使用人も全員そろえよとの命令
年寄りの熊沢も含まれる
使用人を立会人として
→碑文を解いたら誰にでもチャンス?とか発表するんでしょうか。
 いつもの魔女の手紙の内容を、金蔵が?

・紗音
戻ってきた

源次・嘉音は金蔵の迎え

22時を過ぎようとしている
留弗夫「あと30分はまつ それで駄目なら書斎に
蔵臼「親父殿が死んでいると本気で?
「当主は、正当なる人間へ、正当なる手続きをもって継承
「お前も私も抗えない
→本気らしいから困ってしまう。ちょっと無理がある感じ。
→蔵臼は、自分がなれるかどうか疑問があるんだなぁ。

・大きなノックの音
源次「ご着席を
「右代宮金蔵卿の御成り
→お殿様かっ! ここはやっぱり「おな????り?????」とか伸ばしてるんだろうか。そうに違いない。


金蔵さん登場


嘉音
金蔵

金蔵「絵羽 蔵臼との賭けに負けて悔しいと?
→あんなもの、賭けにもなってません。 
 適当なあてずっぽうじゃないっすか。
→霧江さんはマジメだったのか、ネタだったのか。

金蔵「失望 誰にも碑文の謎が解けなかった
「あれを解けた者に全てを譲り渡す気でいた
「情けない ザマぁないと思っている!!
→口調が若干変だよ金蔵さん。

「碑文の謎にて継承者を選ぶことを中止する宣言
「タイムオーバー ゲイムオーバー
「公平にチャンスがあったはずなのに、潰えた
→★ほー、いつもの展開と違いますね。どーすんだろ。

金蔵「跡継ぎは蔵臼に? ノー
蔵臼「……
金蔵「わかっているよぁ蔵臼
→わかっていたようだ。金蔵さんのネタ振り。

金蔵「資格 絵羽・留弗夫・楼座の3人には? ノーである
→じゃー誰だって話か。他に夏妃・霧江もいるけど。
 あー、ベアトリーチェに継がせるとかだろうか。

金蔵「誰に引き継ぐ気も失った
「よって右代宮家はこれで終わる 私の代で終わり
「私が死ぬ時に全てを失うのがベアトリーチェとの契約、呪い
→引き継がないらしい。引き継がなくてもカネはあるわけで、それはどーすんの。

南條「金蔵さんは非凡・天才 そんな金蔵さんに追いついて当然と言うんでは酷過ぎるんじゃ?
?
南條「息子さんたち お金では買えないたくさんのものを築き上げた 金蔵にも負けないぐらい
→子供たちのことかなあ。戦人たちに継承者として白羽の矢?うーん。

南條「幸せです 家族です 伴侶 子 孫 孫に無限の未来
「孫を初めて連れて帰ってきた時の喜び
金蔵も、生まれたばかりの孫に目尻を下げた日もあった
多少正常な心が残っていた日
→そんな金蔵が……ちょっと見てみたいかも。

金蔵「私が成した巨万の富の代わりに、孫を儲けた?
南條「そういう意味では
金蔵「百億を投じて命をひとつ生み出した? 錬金術的に考えて実に面白い
「何と価値ある孫たち
「蔵臼、お前の娘には百億の価値が?
(略)
→やっぱり孫に白羽の矢が立ってしまったようだ。

金蔵「凡百であることを証明してしまったお前たち? 孫たちには未来の可能性があり、魔法的奇跡を期待する価値
遺産を孫たちに?
→孫に何かチャンスでも与えるのか。いまさら碑文を解かせてもしょうがないし……
 殺し合わせるわけでもないだろうし。

金蔵「少し考えを改める 孫たちに資格を問う
→今のところ、親よりは孫の方が、なんか有望そうな気はする。

金蔵「資格があるかどうか、孫たちに個別に問おう
「それはお前たちに間接的に家督を引き継ぐという意味ではない 勘違いするな?
→いいですねー。今までにない展開です。
 毎回同じ世界観設定で、全然違う形を見せてくれるんですよね。
 こういうストーリーの形態は、紙芝居ゲームじゃないとなかなか見られないです。

蔵臼「金蔵の判断に従う
留弗夫「同じく?
以下略
→同意するしかないってところですか。

金蔵「孫たちをどのように試すかは考えよう
→何するんだろ……うーん……

金蔵「右代宮家最後の親族会議の本当の理由
→最後だってさ。それってもう孫に可能性が無いって言ってるような(ry

金蔵「我が儀式に協力を求める
→お、殺すのか。うーん。どうなるんだろ。最初の6人は誰?
→というか、金蔵が直接殺すの?それって、自分は儀式の対象じゃなくなるんじゃないの?

金蔵「碑文に刻んだとおりの儀式 ベアトリーチェを蘇らせ、黄金卿の扉を開く儀式
「肉体の檻を逃れ?あの魔女
→ベアトリーチェの状況をちゃんと認識しているようだ。そういう素振りはありましたね。

留弗夫「親父は何を言ってるんだ?
金蔵「13人を選び、生贄に
「冗談でもなんでもない 最後の賭け
→状況を理解できない留弗夫たち。

南條「あの話は本気だったのかね
金蔵「すまんな我が友よ これはゲームだ
→南條、色々聞いていたようだ。使用人も聞いてるよね。
→それよりどうやって殺すんだろう。銃は持ってたよね金蔵。毒?

金蔵「我が財産を得て島を出ることがゴールなら、方法は2つ
「13人の生贄から逃れ見事に生き残り、碑文の謎を解いて儀式を止めるか
「私を殺し、この儀式を止めてみせるか

→金蔵を殺せばとまる?ふつーに何度も死んでるだろう。多分、金蔵を殺しても儀式は止まらない。

------------------------------------------------------------
つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •