雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:09】[ネタバレ] 1986年10月4日 メタ視世界 

 分かりやすい悪意。

*ネタバレ注意

縁寿回想 魔法の修行時代


縁寿:かつて修行したことがある
→七杭召喚で意識を失った縁寿の夢、という流れ?

魔法の修行時代

魔法には広大な空間のイメージが欠かせない
脳内真里亞「縁寿だけの心象世界を作り上げる
さくたろう
真里亞「魔法を妨げる毒素の浄化
真里亞「広大で孤独でなければならない 心象世界は自分だけの秘密
→魔法修行ネタでイメージ修行は常套だと思うけど、「広大な空間」から始まるのは珍しい気がする。
 大体「イメージの具体化」とかそんなところからではなかろうか。
→他人が存在しない世界=孤独で広大な心象世界ってことかな。他人の存在が毒になるわけだし。

縁寿は真里亞の幸せを虚しい幸せと見下してきた
魔法なんて認めない? 妬み
私の幸せ探し
→やっぱりそういうところはあるよねぇ。うん。割とプライド高くて、常に何かを見下している感じ。

広大な空間の空中にいる
→イメージ修行中

真里亞「魔法の練習
「最初は呼び出しやすい友達から

縁寿
→立ち絵がルーチア時代の縁寿の制服なので、その頃でしょう。

真里亞「同盟?
「ベアトリーチェの家具
→七杭を呼び出そうってわけですね。

縁寿:もしあの事件の犯人が魔女であるなら、家族を奪った犯人
→★そーそーそこそこ。そこをどう自分の中で処理したんだ。そこがどうも理解できないのである。

縁寿:真里亞はベアトリーチェを良い魔女だという
:真里亞の機嫌をそこねないよう、ベアトリーチェは真里亞の魔法の師匠以上には考えないように?
あの事件は絵羽の陰謀だと信じている
→★おおう、それで済ませちゃうのかい?
 絵羽の陰謀だと信じてるから、ベアトリーチェを犯人から外した?それだけなのか……
 思考停止気味?
→★1998年以降の縁寿は、絵羽が犯人でないかもしれないという視点を手に入れた。絵羽を外してベアトリーチェを犯人と考えることもあるはず。
 なら六軒島のメタ視世界の縁寿はどうだ。ベアトリーチェを犯人から外して状況を見てるのか?
 これからベアトリーチェが殺人を重ねていくのを見て、どう反応するか。
 魔女の殺人を目の前に、「絵羽の仕業」と断じることができるのか。
 
▼【霧江が犯人に見える時がくるかも?】
 今回は霧江のお当番回のよう。前回は絵羽のお当番回で、絵羽犯人風に終わった。
 今回、霧江犯人風に終わったとしたら、縁寿はどう反応するか。自分の母が犯人である可能性を知ることになる。
 また、その中で霧江の思い……明日夢へ嫉妬など……を知ることにもなるだろう。
 その時の縁寿の様子は、今回の見せ場になりそうだ。
 
 留弗夫を手に入れるための駒だったかもしれない、縁寿自身の出生の理由とか。
 
まず手本として真里亞が7姉妹を召喚
七杭召喚成功、真里亞・さくたろとの再会を喜ぶ
マリアージュ・ソルシエールの条約 「相互不可侵・不干渉」
さくたろうが傷つけられることはない。
→外交官勲章がどーしたと、キャラ紹介に設定がありましたね。

真里亞、魔力を縁寿に移し、七杭を縁寿が呼び出した状態に移行
真里亞「魔力ソースを縁寿へ
頭痛と負担
真里亞「日常生活と両立できなければ意味がない
1人が限界
マモンが残った
→なんですかね。縁寿に召喚させるところから始めるのではなく、負荷の訓練から始めるようです。
→結局1人しか維持できない。それがマモン。マモンの紹介に最初の友人とあるので、ここでそうなるんでしょう。

さくたろ「もうこんな時間?


現実 寮内、トイレの個室の便座


膝の上に魔導書 
消灯時間の20時が間近に
→20時って早いな? 宿題とか無いのかしら。

マモン再召喚
縁寿「聖ルーチア学園の寮 共用トイレの個室
「各部屋にトイレがあるからここには誰もこない
部屋は2人部屋 ルームメイトからは無視されている
→ルームメイトは別のトイレを使うんだろうか。

消灯時間には、規定の寝巻きにきがえて点呼
遅れると連帯責任でフロアメイト全体が奉仕活動
→連体責任、連体責任、と。軍隊式ね。

マモン「反魔法?
縁寿:もっと修行して、本当に呼び出したいものを召喚
マモン「本当に召喚したいもの?
心の中の独り言を察し?
→縁寿とマモンは、話さなくても心が通じるらしい。
 なんでしょね。召喚獣とは心がつながってるのよ!的な感じですか。

縁寿「家族よ?
縁寿は家族の召喚もとい、蘇生を目標にしているらしい。
 ある意味、金蔵と一緒かー……想像してなかったけど、考えてみれば当然のことか。

マモン「死者の魂を呼び出すのは反魂 別物
寄り代もない
兄を偲ぶものだけは持っている それが髪飾り
→★なるほど。髪飾りは戦人を召喚する寄り代。だから常に持っている。
 真里亞のプレゼントとかでなく、戦人のものだったようだ。
→EP3でベアトリーチェがやった反魂は、死体自体が寄り代だったんだろうか。
→こういうものに頼るってことは、遺骨も残ってない?
 ボトルには食われたような後の残りカスしかないみたいに書いてあったっけ。 

縁寿「父に内緒で母と一緒に兄にあい、遊園地に行った時のクレーンゲームの景品
戦人がとってくれたもの。その後常に身に着けていた
「死者を蘇らせる大魔法をいつか必ず? それを成功させる唯一の鍵 寄り代
マモン「反魂の魔女 エンジェ卿? 反魂はかなりレア
→それぞれ魔法キャラにも個性がつけられてきましたねー
 縁寿は反魂コース。真里亞は生命創造。金蔵は召喚。
 戦人は反魔法特化。こんな感じ?


1986年 六軒島 メタ視世界


縁寿
→ここまでの回想は、メタ視世界の縁寿のものでもあったらしい?

ベアトたちのゲームから逃げ出したところ。
人の気配 
マモン「グレーテルさま そろそろお戻りにならないと?
「戦人お兄ちゃんに出会えてよかった?
「お兄ちゃんのためにベアトリーチェに打ち勝つ?
マモン「今の主はベアトリーチェさまなので、応援は出来ません
→★マモンは“未来”で縁寿の家具だった頃を覚えているらしい。“未来のこと”なのになぁ……
 縁寿がここにいる時点で、時間の概念なんか既に破綻してるから、どうでもいいっちゃいいんだけど。いろいろこんがらがります。
縁寿が、戦人が「数うちゃ当たる」的なことを言ってたのを知ってたのは同じような理屈なんだろうか。あるいはそこまで詳細に「メッセージボトル」に書いてあったのか。

縁寿「1986年10月5日まではあなたはベアトリーチェの家具
「やがて私の友人に
マモン「やがてその友人を捨てる 何しろ?
マモン、胸を押さえてよろめく
縁寿:ルールは私以外にも適用されている
→なんだろね。情報に統制でもあるらしい。「禁則事項です!」ってやつですね。
 どんなルールなんだっけか。EP3に出てた?……忘れました。

謎の現象
マモンが停止 周囲の時間も停止しているように見える
ベルンカステルが現れる前兆? 
空気が違う


ラムダデルタ


ラムダデルタ出現

縁寿「ラムダデルタ あなたにはルールの適用はないのね
ラムダデルタ「ルールは他人を縛るためにある 自分で縛る馬鹿はいない
ベアトリーチェに肩入れする魔女 敵
→うーん?ラムダデルタが、禁則事項を決めてるんですかね。よくわかりません。
→ラムダは、実際にはどちらにでも肩入れするらしい。

ラムダ「あなたたちの会話を聞いて? ちょっといい話
「私の相手はベルンであってあなたじゃない
ラムダが納得しないかぎりここから開放されないだろう 私より高次の存在?
→ベアトより上。ベルンとは同等ってとこ? 魔女にも格があるのだろう。

ラムダ「ベルンカステルの嘘を教えに
「ベルンに、ベアトを倒せば兄が帰ってくるような?
縁寿:運がよければ1人ぐらいは?という望みの低い約束
「ベルンの約束はある意味嘘ではない
「あの子は案外残酷 わかってて騙す
→まさに悪魔のささやきって感じ。何を吹き込まれるのやら……
 ラムダの目的が「永遠の引き分け」なら、縁寿を排除するなり、不利にするなり。

ラムダ「今は何年
縁寿「1986年10月4日
ラムダ「10月6日に帰還
「あなたの10月6日は? 親戚の家に
須磨寺の祖父の家
ラムダ「あなたの1986年10月6日に戦人が帰ってきたか
「あなたがベアトを倒せば戦人は解放される
「しかしあなたは戦人が帰ってこなかった1998年の縁寿
「縁寿は魔女の駒 エンジェ・ベアトリーチェという別人
つまるところ、ここでこの縁寿が勝っても、この縁寿のところに戦人は帰ってこない。
 この縁寿はEP3後の縁寿。戦人が帰るのは、EP4以降の、別の縁寿のところ。
 タイムパラドックス的なアレですが、このあたりラムダの言ってることが正しいのか、そうでないのかはよくわからない。
→とりあえず、縁寿はベルンにも確認をとるべきでしょうねー  

縁寿「はじめから辛い賭けになることは承知
ラムダ「天文学的な確率を乗り越えて勝ったとしても、家族が帰ってくるのはあんたのところじゃない
「ベアトを打ち破ればゲーム盤は消える 駒であるあんたも消える
→だそうだ。この縁寿が消えるってところもポイントなんでしょう。
→この縁寿が消えるってのは怪しいような気も。キャラ紹介には「千年を生きる?」とか書いてありましたっけ。

ラムダ「あんたに享受できるゴールは 私の名において宣言 “絶対”にない
「これがベルンの嘘
「ひとつだけいい提案
縁寿:私はエンジェ 縁寿じゃない
→だそうです。ここからは縁寿ではなく、エンジェと書いた方がいいんだろうか。

ラムダ「今あなたは戦人に出会えている
「名乗ることはできないけど、いつまでも永遠に一緒にいることができる
→なるほど。脳内真里亞がいっていた、「青い鳥」ってやつですね。
 この現状、戦人がいるだけで満足しろってこと。
 永遠に引き分けにすれば、ずっとここにいられる。ループを求めるように仕向けたいわけだ。

▼【ループ継続組・脱出組】
 ループ継続志向:ラムダ、金蔵(推測:ループすればベアトに何度も会える)
 ループ脱出志向:ベルン、戦人、ベアト(推測)、エンジェ

 ここで脱出側の駒であるエンジェを、継続側に組み込もうとしているのが、ラムダの狙い。
 ループすれば何度でも会えるというのは、金蔵がベアトに対して思ってるのと、おそらく同じこと。

私は今や魔女の家具
ラムダ「このゲーム、永遠に引き分け続けて欲しいと思っている
「終わらないゲームは永遠の檻 ベルンを屈服させる?
「ベアトは一応勝つ気はある でもそれも困る
→キャラ紹介どおりのことを言ってます。

ラムダ「戦人が屈服しないように手心を加えている
「ベアトがうすうす気付きだしている 自分の勝ちが永遠にないこと
でもベアトは馬鹿だから、いつか勝てると楽観してゲームを繰り返す
→あ、ここはラムダが楽観しすぎですね。ベアトは何か企んでると思います。
 以前、ベアトはラムダを倒せない。だから戦人に負け、戦人にラムダを倒させようとしているのでは?ということを書きました。
(参考)【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:02】[ネタバレ] メタ視世界 - 雛見沢研究メモ(仮)

縁寿「勝利も敗北もない?
ラムダ「私が勝たせない 負かせない 絶対に
「ベルンはそれに気付いてる それを破る駒としてあんたを送ってきた
「このゲームを終わらせるために
ラムダ「私の駒になりなさい
「あなたに課せられているルールを取り払ってあげる
→ルールとは、縁寿が戦人に「名乗れない」ということでしょう。多分。
 戦人に対して名乗り、この世界でオニーチャンと仲良くしたらいいじゃないってことね。ふーむ
→縁寿がここまで簡単に動揺するってのは予想外でした。
 キャラ紹介には「強キャラ」的なことが書かれてましたからねえ。大げさでしたか。
 これじゃまるで、戦人が二人に増えたような感じです。
 もうちょっと頑張ってほしいところ。このお誘いは跳ね除けてほしいですね。

アイキャッチ

------------------------------------------------------------
つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。