雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:07】[ネタバレ] 1986年10月4日 15:23→18:07 六軒島 

 長い一日目だなーとか思いつつ。
 あまり書くこともなく。

*ネタバレ注意

15:23→18:07 六軒島


◆玄関
楼座、薔薇庭園にいた真里亞を連れ戻した
タオルで真里亞を拭く
→薔薇を探しに出た後らしい

◆客間
戦人「これだけ元気なら?
譲治「傘があって?
→恒例の、傘を渡したのは誰的な話は特になし。

朱志香
楼座「そこにずっといなさいと言ったのが悪かった
真里亞「真里亞いい子?

嘉音がタオルを持ってきた→退室

楼座「もうお夕飯
「真里亞にデザートを分ける(ご褒美)
「真里亞大好き
真里亞「うーうー
楼座「うーうー
→★楼座が「うーうー」と真似して真里亞をあやすのは初めて見た気がする。


メタ視世界


戦人「何だよ突然

グレーテル(縁寿)が手にしていたティーカップが落ちて割れた音
戦人:グレーテルの不機嫌
→真里亞と楼座が仲良くしているところを見て、自分の過去でも思い出した?
→こんなに簡単に動揺するとは。自分の弱点をさらしたようなものではなかろうか。

ロノウェが割れたカップを拾う
縁寿「退屈してきたんで席を外す

戦人「おいおい この時点で真里亞は、傘と手紙をベアトリーチェから?
「ここから重要
戦人・ロノウェ・ベアトは、なぜ縁寿が不機嫌になったのか理解できない
→ロノやベアトはなんとなく察してそうだけど。

▼【キャラ紹介】
ゴールドスミス(金蔵)
召喚術は優秀
→この呼び方は初見のような?


退出した縁寿


不愉快だった 虫唾が走った
脳内真里亞「なんでいらついてるの?
縁寿、真里亞の日記を呼び出す
→脳内真里亞はここでも登場するようだ。

脳内真里亞「どうして縁寿は、真里亞が幸せじゃないと思うの?
縁寿「客観的に判断して?
脳内真里亞「客観的に、縁寿の主観で?
→縁寿は随分ストレートだなぁ。
 不幸だと思っていた真里亞の幸福が気に入らないのだろうか。うーん。

日記が光る


日記の内容


電話
楼座「会社に缶詰 帰れない
真里亞「日曜の一緒に映画を見に行く約束
楼座、約束を忘れていた
→いつもの楼座さん

真里亞「お留守番してる?
「毎日お風呂 お金 毎日違うお店 遅い時間に出かけない
「お巡りさんには、ママのお使い?と 言われたとおりに
楼座「お土産を 夜は9時までに寝る?
「ママが帰ってこないなんて、先生にも大人にも言っちゃ駄目
→面倒見てないことが知られるのを恐れているらしい。
 虐待=ネグレクト気味ですね。というかそのものですね。
 かといって家政婦を雇う余裕もなく?
→体裁を気にする割には人前で怒鳴ったりと、矛盾した行動もあるんだよねぇ
 錯乱してると余計に体裁が悪いことを自覚できないらしい。
 いろいろと破綻した人。

真里亞「早く帰ってきて? 夜中に泣いて近所の人に迷惑かけたりしない

さくたろ『テレビ?
楼座とは話をする時間もない

真里亞「お仕事やだ
さくたろ『お仕事は大人の大切な?
『ママが泣きながら真里亞の側にいた夜?
『真里亞だけが世界でただ一人の味方
→虐待ネタではよくある話。優しい時との落差が激しい。
 その優しい時の振る舞いが子供をますます親に縛り付けるという。
→「ひぐらし」北条家の虐待は“常に”だったが、楼座の場合は中途半端に体裁をつくろうタイプのようだ。

『ママもきっと真里亞と同じ ママの描いたデザインだけが笑われて?
『真里亞がそれを否定したら世界に味方はいない
真里亞「真里亞にはさくたろもママもいる
泣き出す真里亞 悲しみの雫
→真里亞の中で理由付けが行われる様子。

さくたろ『ママに内緒のパジャマパーティをして遊ぼう
『ベッドの中でお菓子を食べたりジュースを飲んだりしながら遊ぶ
→見つかればドツキ漫才ですね。
 割とこうやって危ない橋を渡るのが真里亞のキャラクター

深夜まで楽しく遊んだ
この楽しい夜をせめて手紙に書いてママに伝えたい
→これもドツキ漫才フラグ。順調。

手紙をママの机の上に
“ママへ? 幸せのおすそわけ
→これだけでは内容が分からないから大丈夫かな?

さくたろにプレゼント
クローゼットの宝探しの時に見つけた小さな赤いマフラー

お部屋はしっちゃかめっちゃか お片づけは明日?
→順調に漫才フラグを立ててますね。


メタ視世界


脳内真里亞「こんなにも幸せ
縁寿「……これが幸せなの?

縁寿「この夜 寂しくて、わざと空騒ぎ
縁寿の目に涙?(多分)
縁寿「書かれていない1行の行間から読み取れる
→なるほど。これは縁寿の推測に過ぎないわけだ。
 縁寿の真実と真里亞の真実は違うというわけですね。

縁寿「だから虫唾が走る 楼座叔母さんの、愛しているという言葉がどれほど上辺だけのものか?
→あーなるほどそっちか。てっきり真里亞に嫉妬でもしてるのかと。
 楼座のヤバさを知ってるから気持ち悪く見えるわけね。

脳内真里亞「縁寿は悲しい子
真里亞「やめて。
「幸せな夜を記したもの これがこの夜の“真実”
「その幸せな真実を、新しい、異なった真実で塗りつぶさないで
→本人が幸福を感じているなら、他人が勝手に不幸扱いするのは不躾、ということでしょう。

悲しい真実を悲しいままに
悲しい真実を幸せに
縁寿と真里亞の唯一にして大きな違い
それを羨む
別に真里亞はマゾではない。多分。

真里亞「それは“力” 力のある真里亞は幸せになれる ない縁寿はなれない
縁寿「その力とは?
真里亞「やがてその正体を教えてもらう
→どうみても「魔法」

「日曜日の深夜、ママは約束どおりお土産をもって帰ってきた


日記 日曜深夜


楼座「ただいま
真里亞「お帰り
楼座、真里亞の元気が信じられない

お土産 洋菓子の詰め合わせ
スコッチケーキ
もう一つは、陶器の小さな動物の人形が20体ぐらい
森の動物たちの音楽隊
うわー割りそう。
 というか割るために陶器なんですか?

楼座のコートから落ちた切符の半券
熱海
楼座の様子が豹変 半券を瞬時に奪い取る
→熱海に行ったのがマズイこと?ただの仕事ではないってことか。
 だとしたら何だ?
 真里亞に対して悪いことか、世間体の悪いことか。
 不倫旅行でもあるまいに。男かねえ。
→★そういえば真里亞の父についてですが、楼座が右代宮の相続権をまだ持ってるってことは、そもそも結婚してないか、離婚したかのどっちかなんでしょうね。多分。いまさらですが。
 だから真里亞の父親でない男と付き合うのは別に不倫ではないんでしょう。


メタ視世界


縁寿「半券が明らかにおかしい
「仕事で会社に泊まりこむはず なんで熱海?
→そういえばそうか。真里亞に嘘ついて旅行してる線があるのね。

真里亞「縁寿のいう証拠なんて単なる状況証拠 想像と妄想
「やっぱり縁寿は可哀想な子 不幸せなカケラばかり見つけてしまって傷つき続けている
「チルチルとミチルが青い鳥?
「縁寿は不幸せなカケラがまったくない世界を探してる だから永遠に縁寿は自分の幸せを見つけられない
「戦人はヘンゼルなの?青い鳥なんじゃないの?
→縁寿は、割と不幸に酔うキャラですね。


日記 楼座の寝室


楼座:せっかく真里亞と久しぶりに心を?
怒りと悲しみと自己嫌悪
書斎机の上の封筒 幸せのおすそ分け
読んで涙
洗面所に向かう真里亞の後ろからしがみついて泣いた 謝罪
→あれだけドツキ漫才フラグをたてておいて、全部スカしたようだ。なるほど。
 「空(から)フラグ」も覚えておこう。


メタ視世界


脳内真里亞「もう仲直り
縁寿「私には真里亞おねえちゃんの幸せは辛すぎる

真里亞「“力”の秘密
「彼女が教えてあげる
縁寿「彼女?
→彼女?

?「妾がそれを、マリアに代わって教えよう
ベアトリーチェ
ベアトリーチェ・真里亞「魔法
→これまたよくわからないシーン。
 ここは六軒島のメタ視世界。
 脳内真里亞とベアトリーチェが普通に会話している。
脳内キャラは魔法的存在と会話可能な設定があるのか?


日記 庭園


◆? 庭園
→どこだここ。背景は……ベアトが昔過ごしていた屋敷のような。
 状況を考えると六軒島の屋敷なんだろうけど。

ベアト、真里亞、さくたろ
ベアト「さくたろうと申すか
ベアト「無機物に魔法の魂を込め、生を宿らせる? 日常茶飯事?
「完全に人間界に顕現している
「人格 対話 自らの意思で動いている
→ベアト的に、ちゃんと魂が宿ってるらしい。
→動くこともあるのね。

ベアト「驚くべきことは、異界の人物を呼び寄せたのではなく、真里亞がゼロの海から生み出したもの
→金蔵は召喚、真里亞は魂の創造ってところですか。

真里亞:家に帰れば他にもたくさん
ベアトリーチェ、畏怖に似た敬意
「金蔵のもっとも欲したものは、そなたに一番濃く宿っている
→欲したのは魔法の力かな。

ベアト「無より有を生み出す力が群を抜いている
「いずれ大魔女に? 原初の魔女
「さくたろに贈り物 妾の魔力でさらに強く顕現

ワルギリア登場
→なんでここでワルギリアが出てくるんだ……
→EP3のワルギリアは、熊沢チヨとして潜伏中だった。しかしいつから潜伏していたのかは不明。
 ベアトはワルギリアが島にいることは知っていたようだから、ワルギリアがフツーにいてもおかしくないのか?
ワルギリアは自主的に六軒島にきたのか、金蔵の呼ばれたのか。 
 勝手に来てたとして、金蔵はワルギリアの存在を知っているのか。

→ワルギリアが目覚めるにはそれなりの魔力が必要みたいな設定もあったんだけど……
 わからない。考えるだけ無駄かな。

ベアトの話によると、ベアトですら未だに足元にも及ばない
→EP3では、ベアトは既にワルギリアを凌駕したようなことを言ってた。真里亞がいるから、このシーンはたかが“数年前”だ。
 数年間の間にワルギリアは熊沢化して自己封印、ベアトはワルギリアを超えたって?
→うーん。これが真里亞の日記内での創作である可能性。
 実際にあったことではないかも?

ベアト「そなたの魔導書を?
「お師匠様に習った魔法? 寄り代に異界の住人を
「真里亞の魔法の強化
ワルギリアの強力
ベアト「お師匠様が立会人にサイン?

真里亞の魔導書
→見た目、日記だなあ。日記そのものかな?不明。

空きページに書く
高位世界に対する宣言書 ベアトが記しワルギリアが立会人としてサイン
「黄金の魔女ベアトリーチェの名において、マリアの子、さくたろうをここに認める
さくたろうの顕現を上位世界の存在に宣言する力ある書面
ワルギリアは上位世界に友人が多いので、ベアトの宣言書よりも力を持つ
マリアージュ・ソルシエールの条約に従い、友人として迎え
→なにやら固有名詞が。謎。「ソルシエール」は魔法使いの意

さくたろう、人間の姿を得る
新立ち絵
→あー、まさかと思ったけど、やるのね。特に気にする必要もなさそうなポイント。
 立ち絵をつければ表情もつくし、掛け合いもやりやすいんだろうと推測。
悟史っぽい。

ベアト「これより原初の魔女見習いのマリアと名乗るがよい
→なんか字面だけみると、すっごい初心者丸出しの魔女見習いみたいですね。

▼【キャラ紹介】
さくたろう
外交官勲章により、同盟関係にある者に照準されない
→味方に狙われないってことだろうか。

ベアト「造物主の道を求める魔女の称号
「今はエンチャンター(付与魔術師)でしかない。千年の修行?
ワルギリア「希少な才能 穢れなき心を失わなかった証

ベアト、真里亞に衣装を与える
→魔女っぽく。杖つき。
 エヴァ・ベアトリーチェの誕生みたいな感じかも?


メタ視世界


◆脳内真里亞
真里亞「私はこんなにも幸せ?
→衣装が変わって、そのままの姿。
→★そもそも、ベアトリーチェの存在はともかく、ワルギリアの方は存在自体が真里亞の創作である可能性もありそう。
 設定のユルさは「子供の作った話だから」とかね。

真里亞「今の不幸の中に、幸せを新しく生み出す それが原初の魔法
「教えてあげる 教えたことがあったはず あなたにも使えたはず
「縁寿も、マリアージュ・ソルシエールに名を連ねる魔女の見習いだった
→学校での、縁寿の魔法修行あたりのことかな。

▼【キャラ紹介】
マリア
→真里亞の項目が変わっている

これより千年を生きる原初の魔女 
ベアトリーチェの保護 ベアトリーチェと同盟関係


------------------------------------------------------------
12年後 1998年10月

つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •