雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:06】[ネタバレ] 1986年10月4日 14:50?メタ視世界 

 【うみねこのなく頃にEP4プレイメモ:05】[ネタバレ] 1986年10月4日 14:50?六軒島で省略した部分。

 さて、私はどーすればいいんだろうか。悩む。 
 いろいろ心配。

*ネタバレ注意

メタ視世界


*縁寿=エンジェ=グレーテルは面倒なので縁寿で統一したり、しなかったり。

戦人「これは、前回のゲームの最後の謎を解く鍵として考えた俺のひとつの仮説
縁寿「南條を殺したのが誰か
戦人「魔女は赤で宣言した。18人全員の名前を挙げて生死を宣言?
縁寿(グレーテル)「19人目は存在しないにもかかわらず、未知の新人物Xが存在しうるカラクリ
「18人全員の名前と、在島者18人の名前が一致しなければいい。
→これは私も既に指摘した部分ですね。
 (金蔵は人間であり、かつ死亡している」とか18人分順番に言わないと意味がない。)【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:43】[ネタバレ] 10月5日18:03? メタ視世界? - 雛見沢研究メモ(仮)

戦人「18人分の名前=在島者18人とは保障されていなかった
縁寿「条件 在島していなくても、在島していると私たちが信じている人物
「その人物は既に死んでいることが好ましい
戦人「その人物が金蔵
→この後、金蔵が生きているところを見たらどう反応するか。
→魔法バトルをみてきた戦人であれば、「まやかしかも」で済む?そこのところの対応を見ないとね……
→その他、メタ戦人はEP1?3の間に、何度も金蔵を見ているはず。その記憶との折り合いをどうつけたのかってところは問題。

戦人「祖父さまの顔は誰も見ていない?
→使用人連中は見てるはずだが、そこはどう考えるのか。
 あくまでこの場面で「親たちは見ていない(かも)」ってだけのはず。

縁寿「金蔵が死んだことを告知しなければ、遺産分配は発生しない
→蔵臼が独占できる。

戦人「どうだベアト 出て来い


ベアトリーチェ登場


ベアトリーチェ「そなた如き無能にしては?

戦人「復唱要求 在島者18人の中に祖父さまは含まれている
縁寿「魔女は安易に答えない
「あなたが求めるところではもう赤は使わない
「復唱要求なんてお遊びにはもう付き合わない
→赤文字自体がお遊びみたいなものだと思うけど……
これから「復唱要求」は通じないということらしい。で、ならどうするのか、だよねえ。

「ただし内容による
「あなたの主張によって魔女説が打ち破られてしまう場合のみ義務が生じる
「反論されないことはすなわち“真実”
→「真実」の定義。反論されなきゃいいだけの主観的真実。
 うみねこでの「真実」は客観性を必要としない。
 単なる「作品上の言葉の定義の問題」として考えることにします。

戦人:魔女のディレイによって推理に逐一確証が得られなくなった。
→一つの説に固執せず、柔軟に対応できるようにしておけばいいだけなんだけども。議論では当たり前のこと。
→何かネタを思いついても喋らない、ってのもアリですね。いちいちベアトに教えて対応させる必要がないし。

縁寿「人間側が提示する“トリック説”=復唱要求は、そのゲーム内(エピソード内)に反論されなければならないという魔女側の制約?
→「エピソード内」だって。つまりこれは、作品外の「ユーザー」に対するルール確認ってことね。

縁寿「ルール確認。ゲーム終了時とは、ゲーム内の六軒島時間で1986年10月5日24時00分?
「ゲーム終了時に人間側がすべての謎についてトリック説を主張できていて、且つ魔女側から反論がない場合、人間側は勝利を宣言できる?
→こりゃダメだわ。
 時間ギリギリに、自説を紙にでも書いて提示すれば勝ちになっちゃいかねない。

ベアトリーチェ「もう少し詳細に ゲーム終了時に、魔女側には反論の機会が与えられるものとする
→当然そうなりますね。時間ギリギリにやられると、反撃できずに負けるし。

縁寿「時間を切ってもらう。1分以内に反論
ベアトリーチェ「ゲーム終了時に、人間側は与えられた謎に対し1分間の反論時間が与えられる
「たった一つでも反論されない謎が残った場合、魔女側の勝利となって終了
→★これも全然ダメですね。お話になってません。
 どれが「謎」なのか完全にリストアップされてなければ意味がないんです。
 謎なんてあとから無数に追加できるもの。
 時間ギリギリに魔女が「謎」を追加すれば、戦人側は瞬間的に答えなければならなくなり、敗北します。あまりにも不利すぎる条件。
→最低限、「答えるべき謎」をリストアップして、ゲーム終了何時間前までに提示する……というようなルールは必須。
 「ひぐらし」の出題編よろしく、何が答えるべき謎なのかもわからない状態では、このゲームではお話になりません。
→あと、「勝利」の明確な定義も必要。勝ったらどうなるのか。開放されて戻って生きて帰れるのか。そのあたり縁寿はテキトーですね。

戦人「復唱要求は、即座でなくとも、必ず反論されなければならないということ
縁寿「それは10月6日00時01分までに必ずなされる
→これは「時間」が絶対的なものである場合にしか意味をなさないルール。
 既に縁寿が「未来からやってくる」という風に時間的な物理法則が破綻してるので、「時間」という指標はアテになりません。
 最悪、ギリギリになって魔女が“時間を止めたり”しても、特に不思議はありません。
 時間をコントロールできれば「1分」などという時間制限も無関係。冒頭で縁寿が登場したとき、時間停止の描写もありました。
→言葉や文章の解釈から揚げ足をとって自分に有利な展開にするのは、ベアトリーチェの得意技。
 EP3の嘉音vs七杭のシーンで嘉音が騙されたりと、十分以上によく分かっていること。

縁寿「注意すべきこと 魔女は復唱要求を1つ切り捨てるだけでいい。すべての謎を解き明かさない限り、あなたに勝利宣言はできない
→「すべての謎」が明確に提示されない限り、答えることすらできない。



ベアトリーチェ「今よりそなたにを使うことを許そう
「ゲーム終了時までに、青を赤で反論する義務を負う
→「青」だってさ!おーけーおーけー把握した。次は黄色か、それとも緑か。

「青は、それ自体が魔女を否定しない限り、成立しない
→あー。勝敗の条件が決まったことで、「魔女が否定されれば即座に負け」ということがなくなった?
 時間まで負けがない。だから魔女を否定する言葉に対しても、保留することができるようになった?
→今まではクリティカルな復唱要求に対しては即座に答えてたはず。それをしなくてよくなったの?

戦人:推理の前提条件を確認するような復唱の要求には使えない
相当の不利

戦人「青で語っても、ベアトリーチェがそれを最後に否定してきたら、次の仮説を立てる時間もない
「このルールは最悪。俺ばかり不利
縁寿「ひとつの謎に対して、青は一度しか使えないとは言われてない。
「謎に点で挑むのではなく、面で
→擁するに大量に説を出しておけってことね。あと、反論されたときの対応とか考えたり。
 
縁寿「あなた、以前のゲームで推理の姿勢はそうあるべきだと自ら言った
★なんで縁寿は前のゲームの内容まで知ってるの?ずーっと見てたのかい?
 謎ですねー

大量の弾丸を、推理を一度にぶっ放し、面で着弾させ、一発でも的に?
→このルールだと、的に当てる必要すらない。事実に近づく必要もない。ただ魔女が否定できなければいいだけ。
→また、自説にリアリティを持たせる必要すらありません。条件は「人間に可能である(と戦人が思える)ならOK」というだけのもの。どんな珍妙な機械を登場させても構わない。
 
弾丸は想像力。思考停止は?
→想像する必要もないですねぇ。
 通常の研究なりでの「仮説」は、検証する方法がないようなものは切り落とし、洗練されたものを選び取るもの。
 しかしこのゲームの場合、目的は研究ではなく「ベアトリーチェとのゲームに勝つこと」なので、まともな仮説は不要。つまり、考えるに値しないようなくだらないネタをばら撒くだけでも構わない。
 そのためにはいちいち「想像」することすら不要。
 どーしようもない下らない仮説を、機械的な作業で言葉面から生み出すだけでも十分です。
 
俺の“青き真実”が、想像力と火力で?
青は真実ではなく、まだ確かめられていない仮説のはず。いきすぎ。
 「自分でも疑う余地のある“仮説”」を「真実」とか言い出す戦人くん。それはもう、「主観的真実」ですらないのではないか。

戦人「新ルール、了解した
→了解しちゃったよ!!!!!穴だらけなのに!!!敗北フラグ!!!

戦人「この青き真実で?
→だから青は真実じゃないって。主観的真実ですらないって。

▼【「赤き真実(赤字)」は客観的事実を保証しない】
 えー、ここでひとつ。戦人の「青き真実」はベアトの「赤き真実」に対応するものですが、この「赤き真実」について新たに言えるようになったことがあります。
 これまで私は、ベアトが使う「赤字」を、「(神しか知りえない)客観的事実」を示すものとして扱ってきた部分がありましたが、これが崩壊しました。

 これにより、「赤字」からゲーム盤世界の外……現実世界の事件を推測するという作業が無意味化する可能性があります。

 以前から戦人を赤字で「無能」と定義するなど、非常に曖昧な部分があったのが「赤字」でした。
 これが今回のEP4で「主観的真実=真実≠客観的事実」と定義されたことにより、 
 「赤き真実=赤き主観的真実」となって、“単なるベアトの頭の中の話”でしかなく、必ずしも客観的事実を示すものであるとは言えなくなりました。

 赤字の定義としては、
 ベアト「妾が赤で語ることは全て真実!疑う必要が何もない!」
 ベアト「妾はそなたとゲームをしている。ゲームのルールは神聖!!それを軽んじる者に参加の資格はないッ!!」
 ベアト「妾は真実を語る時に赤を使うが、それに対し証拠を示して立証する義務を負わない!ただ、事実であり真実であるのだ!」

 などがあります。
 しかしそれが“客観性”のあるものかどうかは不明です。

 またこれは「ゲームのルール」として提示されてるものですから、「ゲーム外」にまで適用されるかどうかは別問題だと考えることもできます。
 「赤き真実」がゲーム盤世界の外……現実世界、たとえば1998年の縁寿がいる世界での「客観的事実」を示している保証はありません。
 ゲームのルールはゲーム内でさえ正しければ、ゲーム自体には支障はないはずです。

 そもそもが「戦人は無能」というように客観性を欠く「主観的真実」で成立しているのが赤文字だとするなら、ここから現実世界で起こったであろう事件を推測することに、どれほどの説得力があったでしょうか。 
 たとえばベアトリーチェが「マスターキーが5本」と赤字で言っても、それはゲーム盤内でのクイズの話であり、現実世界においてマスターキーが5本だったかどうかは別問題になります。

戦人「これが俺の真実だ
(青字)右代宮金蔵はすでに死亡している。よって島の本当の人数は17人。そこに未知の人物Xが加わることで18人となっている(略)
→やる気が空回りしてる感のある戦人くんと縁寿ちゃんのゲームが始まってしまいました。
 負ける負ける。勝てるわけねー

▼【ここで思いつくお手軽な戦略】
 まず、ここまでに書いたように、謎の提示の仕方や時間的なことなど、ルールの整備が必要です。
 それを前提としたお手軽戦略とか。

◆「言葉の定義の解釈を悪用する」
 赤文字文に使われている言葉の定義論争に関する規定がないことを利用し、限りなく下らない青文字を乱発します。
 たとえば「隠し扉の類は一切なかった」という赤字に対しては、「類」の定義が不明瞭であることを利用して、
 「隠し扉はなかったが、隠し戸はあったのでそこを通って犯行に及んだ」「隠し扉はなかったが、壁がまるごと取り外しできたのでそこから出入りして犯行に及んだ」など、大小無数の仮説を生み出すことができるでしょう。
 これは推理や考察というより、ただの言葉遊びです。
 合理性とかリアリティとか犬にでも食わせましょう。まともな仮説など必要ないのです。ゲームに勝てさえすれば。
(参考)【うみねこ】[第二話] ベアトリーチェの「赤文字」関連メモまとめ - 雛見沢研究メモ(仮)


◆「疑似科学的主張」
 オカルトと表裏一体の「疑似科学」とされるものが世の中に蔓延してたりしますが、これを利用して説を乱発することもできます。
 たとえば、特定の事件のトリックとなる「なんか適当に都合のよさそうな機械・薬・現象とか」を、「戦人が実際にあると信じている(主観的真実)」ならば、それを根拠として主張することができてしまいます。
 
 たとえばEP3では戦人がワルギリアに対し、「雨乞いで雨が降るのは焚き火の煙が作用して?」みたいなことを言ってましたが、あれも疑似科学の範疇でしょう。(多分)
 また、ベアトリーチェとの議論では「なんか適当に都合のよさそうなトラップ」を登場させていました。そんなものが実際に可能なのかどうか、科学的・理論的な根拠を立証できなくても、戦人はそれを自説として主張することができます。
 曖昧な科学や技術的知識による妄言がそのまま通用するわけです。
(参考)【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:22】[ネタバレ] 10月5日01:00-06:00? メタ視世界 - 雛見沢研究メモ(仮)
(参考)【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:27】[ネタバレ] 10月5日6:25-7:00? メタ視世界? - 雛見沢研究メモ(仮)

 少なくともこの二つに戦略より、ど??しようもなく救いのないバカげた珍説を、大量に生み出すことができるでしょう。
 そこにチョイと魔女を否定するエッセンスを加えてやれば、すべて「青き真実」として主張することができるはずです。
 そして、ベアトリーチェはそのすべてを否定しきらなければなりません。

 “すべてを否定しきれない”から世の中に蔓延してるのが疑似科学です。
 その蓄積は、たかが千年の魔女如き、足元にも及びません。多分。
(参考)疑似科学 - Wikipedia

関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。