雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこ】[EP4考察] うみねこのなく頃にEP4プレイ前のメモ 

 そろそろEP4に着手しようというところです。
 前作までの再プレイもなし!考察のお勉強もなし!
 相変わらずの徒手空拳です。人生えてしてそんなもの。
 やりはじめたらどうにかなるでしょう。いきあたりばったりです。

 とりあえずプレイ前に、今まで書き溜めた箇条書きのメモを適当にまとめておきます。

キャラクター存在フラグの時間的制約が撤廃


 EP3で縁寿が六軒島?に登場したことにより、これをもって「キャラクターの存在フラグの時間的制約が撤廃された」と考えることにしてみます。

 たとえば、RPGのゲーム終盤でしか登場しないモンスターが、なぜか序盤のフィールドに登場してゲームが手詰まりになったりするような。本来存在してはいけないところに存在するバグ。
 このようなことを意図的に発生させるチートを、ベルンが縁寿をつれてくるために使った「魔法」だと考えてみる。
 するとどうなるか。たとえば以下のようなことが考えられるように。

死んだはずのキャラクターが存在できる

 EP3の楼座の記憶では、ベアトリーチェはかつて一回死んだことになってます。
 現在のベアトリーチェはこの死んだベアトリーチェの霊?が力を回復して再び肉体を得た存在であるように書かれています。
 ところが、キャラの存在フラグの時間的制約がなくなると、「過去のベアトリーチェが現在に存在している」とも考えられるようになります。
 ベアトリーチェがこの世界で死んだままでもかまいません。それより以前のベアトリーチェを呼び出せばいいのです。

 同様に、たとえば死んだはずの明日夢が出てきても不思議ではないです。
 また、「無限の魔法」について、「修復」ではなく時間の面から仕組みを考えることもできます。

過去から呼び出すか、未来から呼び出すか

 ベアトリーチェの「無限の魔法」を「過去存在したものを無限に呼び出す魔法」と考えてみます。
 これに対してベルンが縁寿を呼び出した魔法は「未来に存在しうるものを呼び出す魔法」です。
 そしておそらく、ベアトリーチェにはベルンのような「未来から呼び出す魔法」は使えないでしょう。
 このことが何を示しているのかは、なんとも。


黄金=対象によって形を変える殺人のトリガーを象徴するもの?


 絵羽が発見した「黄金」を、「対象によって形を変える殺人のトリガー」の象徴だと仮定してみる。
 夏妃が発見すれば夏妃に合わせて。楼座が発見すれば楼座に合わせて。絵羽が発見すれば絵羽に合わせて。

 たとえば絵羽はどんなものを見れば殺人を犯すほど狂うだろうか?
 彼女を狂わせるに足る衝撃的なものの例を考えてみます。

 絵羽は右代宮家の当主になることに執心していました。
 その絵羽が、実は自分にはその資格が最初から無かったことを知ってしまったらどうでしょう。「実は自分は右代宮金蔵の血を引いてない」とか。
 それで、序列二位から転落した絵羽は、ほかの親族たちを殺しまくりましたとさ。なーんて。
 この場合、「黄金=自分が右代宮金蔵の血を引いてない証拠(の象徴)」と考えられます。

 「人間が人間を殺した殺人劇」が存在すればの話ですが。


既存の材料のみを使った二次創作


 私なんかが慎重に考察しようとしていると、既存の材料のみを使った二次創作のようなものしか出てきません。
 ところが作者は自分のオリジナルのキャラや要素をいくらでも追加できるわけですから、私は後手後手にまわるわけです。
 もうちょっと飛躍したいなーとか考えます。
 ワクをきめて考えるよりワクをはずす作業の方が難しいこともあるような。


忘れられた事件・事故


 楼座はEP2で、ベアトリーチェが死んだ時の記憶を封じていたようです。(完全に忘れたわけではないようです)
 EP3ではそれを思い出しました。
 このように、ほかにも忘れられた事件や事故があるかもしれません。

 死人なら明日夢や金蔵妻がいます。
 事件ならかつての使用人間の揉め事とか。
 記憶なら、戦人が乗り物を怖がる謎(過去にトラウマ?)なんかがあります。
 

暗号と共犯者


 扉に塗料でかかれた暗号のような数字について。
 暗号であれば、理解できる者がいなければ意味がない。そして言葉は伝達の手段。となれば共犯者がいるのかもしれない。
 誰が誰に向けたメッセージなのか。あの時点での生存者だとすると?


魔女の永遠の眠り


 一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。
 安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ。(碑文より)

 「人間が魔女を倒す」という意味の「眠り」ではなく、「魔女自身の苦痛からの解放」という意味での「”安らかな”眠り」だとすると……
 眠りを求めているのは、人間ではなくベアトリーチェではないか。

 ベアトリーチェが求める安らかな眠りとは?
 やはり戦人に自分の謎を解いてもらう必要があるのだろうか。
 何かに苦しんでいるのだろうか。とすればその苦しみとは何か。
 あるいは右代宮金蔵のわがままか? 
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。