雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:23】[ネタバレ] 10月5日6:25-7:00? ロビー 

 みなさんお揃いで。 

*ネタバレ注意

6:25-7:00 ゲストハウス1階ロビー


子供たちが目覚め、残酷な現実を知る
譲治と朱志香、紗音と嘉音の死に涙
→順当な流れ。特に問題なし

◆12人全員、ゲストハウスロビーに篭城中

戦人:悪い夢だと思いたい
真里亞:楼座の側で寝直し

大人たち:祖父さまのコレクションの、ショートバレルのウィンチェスター銃をいじっている
そっくりな銃が4丁
→★4丁もあったのか!!!! 
 なら、せめて各編、譲治にぐらい持たせた方がよかったんz(ry

銃…蔵臼、絵羽、留弗夫、楼座の4兄弟が持っている
→夏妃よりも楼座が優先なのね。
→霧江や南條や秀吉は、銃を使えるんだろうか?

机の上には弾丸の紙箱 弾丸装填 

◆まだキャラ紹介更新は無し

絵羽「あれは本当にお父様?
別人の死体の替え玉を疑っている
→焼け死んでたはず。多分EP1と一緒かな。

夏妃「足の指 両足指6本
霧江「いないとも言い切れない どこかで手配したかもしれない
→魔法バトル時とはいえ、死ぬところを見た後なので、なーんか無意味っぽい議論だなーとか思うわけです。
→実際どうなんでしょうかねぇ。世界観的に。今更ダミーでもないなぁとか思うんですけど。

▼【魔法バトルと、密室殺人の対象の状態の一致】
 幻想と現実。魔女と人間。
 魔法で殺されたシーンのあるキャラの死体については、ちゃんとその通りに発見されるんですよね。一応。

 例えば魔法で焼け死んだ金蔵は、実際にボイラーで焼けた死体として発見されている。
 この死体が二度焼きされたのか、ボイラーのみで焼かれたのかは南條には判断できない。
 幻想と現実の辻褄が合っている。

 薔薇庭園の魔法バトルについては、痕跡を残さない魔法を使ったから痕跡が残っていない。幻想と現実の辻褄合わせ。
 では鯖トリーチェの遺体の状態はどうだろうか。魔法側では全身串刺しである。しかし、現実側での詳しい状態は分からない。分かったとしても、ロノによって「マシな状態」にされた後。状態の変化があっても辻褄は合ってしまう。
 魔法側で死の描写がある場合、そういった細かい伏線があるのが当然のようになっている。
  
 なら金蔵の遺体の遺体の偽装についてはどうか。
 少なくとも魔法側の描写で、そういった偽装を示唆するものはない。
 だからといって金蔵の遺体が別人ではないとは言い切れないが……

留弗夫「焼死体は身元の確認が難しい だが歯型とか骨格とか、調べる方法はあるはず
「警察が調べれば?
蔵臼「問題は警察より電話
楼座「船は来られない
→いつもどおりの状況確認。特に変更はなし。

夏妃?「明日の9時に船


戦人の状況説明@脳内


◆戦人:状況説明

早朝、祖父さま+使用人6人の遺体が見つかった
屋敷の各所

祖父さまはボイラー室で丸焼け
それぞれ、魔法陣の描かれた部屋に閉じ込められて死んでいた

使用人たちの死因は不明
南條の見立てでは、槍か銃のようなもの
→かなり曖昧というか、よくわからない。
 魔法側の通りであれば、全身に細かい傷があるもの(嘉音)や、全身串刺し(熊沢)のもの、ほぼ外傷のないもの(源次)などがあるはず。

電話が使用不能 原因は不明
自衛しなくてはならない
→いつも通り

大人たちは食堂で徹夜して会議 
事件はその最中に屋敷内で
→この状況、転び方次第でエグいことになりますね。

▼【子供たちと大人を分かつもの】
 この状況だと、場合によっては子供たちが“大人同士が共謀して金蔵+使用人を殺した”と疑える状況なんですね。
 特に譲治と朱志香がヤバい。
 ただ、子供側は割りとそういう疑惑を持たない方なので、無いかなーとは思うんですけども。

 密室の確認についても、先に大人がやっちゃったのが徒になってます。共謀してれば捏造できますから。

夏妃は戸締りを厳重にさせていた
なのに屋敷内を不審者が出入りした
→いや、こんな六軒島くんだりまで来て何かしようって「不審者」を相手に、フツーの家屋の戸締り……セキュリティユルユル……じゃほとんど意味ないと思うんですけども。
 部屋はイッパイあるんだろうし、窓ガラスを石で割るだけで侵入できる家です。

大人たちは屋敷内が安全でないと判断
銃を持ってゲストハウスへ
→このパターンは今までないですね。
 キャラの発想が違うというか。誰の発案だろう。

そして現在に至る


更に状況確認


譲治は紗音の遺体を見たがるが、大人は警察が来るまで駄目だと突っぱねる
→あらら、譲治が暴走しなきゃいいけど。
 この「大人が」っての、絵羽中心っぽいイメージ。

現場保全のために部屋を封印
プラス、屋敷は未知の殺人犯がいる危険地帯の可能性
安全が保証されない
→ゲストハウスも安全とは言いがたいですが。
 気分的に屋敷には居たくなさそーだ。

ゲストハウスは遥かに小さい
地上二階建て 部屋数10ちょい
安全が確保しやすい
→まだこの段階では、金蔵の部屋に篭ろうという発想はない。
 書斎はかなり追い詰められてからって感じ。
 今は人数的にも厳しいし?

この6人の大量殺人が、“ゲーム”である可能性が高い
犯人が手紙で宣言
紋章入りの封筒 ボイラー室内で発見された

----
手紙:(大体の内容)
誤解なきように。
私が求めるゲームは、皆さんが碑文の謎を解けるかどうかであって、私を捕まえられるかどうかではありません。
碑文の謎を解かなければ、哀れな生贄は更に増える
私を探すより謎解きした方が賢明
碑文の謎が解けなければ、誰も生き残れない
碑文の謎が解けたら、黄金郷の全ての黄金 右代宮家の家督 我が力の全てを与える
金蔵から家督を引き継いだのは私 私から引き継ぐのは誰か楽しみ
黄金の魔女ベアトリーチェ
----
→うーん。物凄い勢いで碑文をプッシュしてますよね。
 さすがに碑文がスルーされまくって、ゲームにならないのが嫌になってきたのだろうか。
→とりあえずベアトリーチェが手紙を置いたと仮定。
 碑文を解かれるとベアトリーチェ的には都合が悪いはず。
 ただし、ベアトリーチェが「ゲームが終われば負けても勝ってもいい」とか思ってれば別。
→碑文の謎解きを促すのは、一つはタダの遊びだと考えられる。
 もう一つは、リスクを上げることで、魔法をより強力にするというのもありそう。
 負ける危険性が上がるほど魔法が成功した時の魔力が大きい。

碑文について
親族たちは口で馬鹿にしつつも、影ではこっそり挑戦していたらしい
→そらそうですよねー
 どこまで考えたかは分からないけど。
→情報を持ち寄れば、今までよりマシになるだろうか?

これを“ゲーム”といわずして 
→人が死んでるけど、それでもゲーム。
 これを金蔵ならやりかねないという発想が凄い。
親たちが一人も死んでいない状況が、ただの殺人劇ではないと考えさせるのか。

屋敷内を捜索して犯人を見つけ出す意見
しかし武装している可能性が高く、ひとりとは限らない
→これもおなじみの発想ではある。作業量的に一人では大変。

犯人を刺激せず、篭城すべきという意見が最終

▼【今後の動きを予想】
 今の状態は、こーいうネタでよくある「全員集合」状態。
 何らかのイベントで相互監視状態が解け、バラける。
 そして、バラけたところから死んでいくのがセオリー。

 流れとしては、まず2人が孤立すると考えられる。そして第二の晩で死亡。
 その後、その事件の犯人をめぐって身内を疑い、第三の晩「不和」でバラバラ。
 それから各個撃破で終わり。

 一つ言えるのは、留弗夫のトイレは長いということ。
 ヤツがトイレに行ったら、「帰ってこないわね」で死亡フラグ。
 “永遠となったトイレ ?パパは帰らない?”

戦人:俺には何もできることはない
銃が余るようなことが起こった時にそなえて、使い方を教えてもらう
→銃の使い方を教えてもらうのは、今までなかったかなあ
 夏妃や楼座は教えてくれなかった。 

------------------------------------------------------------
 つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。