雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:12】[ネタバレ] 10月4日21:00? メタ視世界? 

 便利なオッサン。

*ネタバレ注意

メタ視世界


◆ロノウェ出現

ロノ「魂は捕らえられ、新しい生命の檻に吹き込まれました 再び人間として生を受けた
→ベアトリーチェの話を補足していく

ベアトリーチェ「揃って不愉快なヤツらだ 席を外す 給仕を済ませたらとっとと下がれ 戦人と無駄話をするな
→ベアト、ロノに戦人との話を一応禁じる。恐らくロノは無視するだろう。
 「ロノと戦人の無駄話」こそが重要。

◆ベアト消え、ロノと戦人が残った

ロノの話の続き
戦人「ホムンクルス? 錬金術の人造人間
ロノ「ホムンクルスに閉じ込められ、再び赤子となって蘇った
→★ベアトはどうやら赤子からやりなおしたのか。
 ってことは、「子供ベアトリーチェ=ホムンクルスベアト」という可能性が出てきた。
 
▼【楼座が昔会ったのは子供ベアト=ホムンクルスベアト?】
 楼座が昔ベアトに会ったのが事実だったとして、それは前世のベアトか、ホムンクルスのベアトか。

 前世のベアトであれば、「肉体を捨てる儀式=死」を楼座に目撃されることで、楼座の話と一致します。

 しかし一方で楼座が見たのがホムンクルスベアトの子供時代だった場合にも、説明しやすくなるポイントが出てきます。
 それは「EP2で楼座が下位ベアトリーチェに対して特別な反応をしなかったこと」についてです。
 どういうことかというと、楼座が昔会ったのが子供ベアトであれば、今の下位ベアトとは別人だと認識するかもしれない。つまり「回想制限」によって楼座がベアトに反応しなかったのではなく、外見が違うから反応しなかった……と解釈することができるようになります。
 この場合は、楼座の無反応に“特別な理由があった”パターンに該当します。 

 蛇足として、楼座が子供ベアトに出会っていた場合、これを噂のベアトリーチェ=金蔵の愛人と認識したのなら、楼座は長い間「金蔵=ペド」と思ってたかも知れません。
 あるいは「愛人の娘だと思っていた」とか「愛人という概念自体をよく理解してなかった」でもいいかも?

ロノ「赤子なので金蔵が愛を語っても無駄
戦人「赤ん坊を隠し屋敷に、同じ歳に成長するまで閉じ込めていた?
ロノ「そのまさか
→★金蔵さん頑張りましたね。だから「金蔵=父」だったわけか。
→問題になるのはホムンクルスの成長速度。人間と同じなら、あの姿になるのに最低十数年かかる。
 でもそんなにかかってたら、たかだか30年程度しかない六軒島の歴史の中では、結構タイトなスケジュールになっちゃいますね。あんまり余裕ないかも?

ロノ「魂は同じといえど、人間の魂はその器に強く影響
「かつての記憶を全て失い、普通の人間の少女として成長
「まさに瓜二つに成長
→★やはりそういう設定をつけるんですね。再誕してからの人生の影響を受けて、一時期不安定になったと。
 ベアトリーチェは二度生まれ、二度“魔女ではない普通の人間”として子供時代を過ごした。
→であれば、どこかで記憶を取り戻したはず。今の金髪ベアトは、白髪ベアトのことも覚えてるし。

「魔女としての力は持ち合わせておりません
「(そこのガーデンチェアに座ってるベアト=昔のベアト)はあくまでも人間としてのお嬢様 
→★記憶どころか、魔力もなかったらしい。非常に無防備な時期。
→金蔵なら、この無防備な時期にこそ、徹底的に細工をするだろう。ベアトが気づかない間に鎖でがんじがらめにしておく。

ベアトリーチェは、「自分は何者なのか」なぜ自分が閉じ込められて暮らしているのか理解できない
→金蔵がベアトに魔法のことも魔女のことも教えていなかったのであれば、金蔵は元のベアトを復活させたくなかったのではないか……ということは前に書いた。
→当時のベアトには社会経験とかほとんどない。およそ話し相手が金蔵しか居ない状態で成長した。ただし、「皆」に自分の存在について聞いたとあるので、金蔵以外にも誰か居たと考えられる。

▼【知りすぎているロノウェ】
 ロノはこのベアトリーチェが無防備な時期もよく知っているようです。
 多分ベアトの前世のころからずっと執事やってるんでしょうけど、ベアトを救い出そうとか、金蔵を殺そうとかしなかったのだろうか?できなかったのかもしれない。

 であれば、ロノは右代宮家の執事として、当時のベアトの世話をしていたのかも?
 だから当時のことをよく知っているし、右代宮の執事服を着ている。

▼【金蔵の目的・ベアトの目的】
 ここにきてやっと、金蔵の目的、ベアトの目的も割とはっきり見えてきた?

 金蔵が「ベアトを篭の鳥にしたい」というのはやはり正しい。ベアトを篭の鳥にして、ついでに黄金郷にも行って、永遠に一緒にいたいとか、そんなところだろう。
 一方のベアトは金蔵の束縛を逃れたい(同時に金蔵への複雑な感情もあるが)。そのために黄金郷に行きたい。つまり右代宮家から解放されたい。
 ただし、金蔵が死んでもベアトは解放されない。ゲームが終了するまでループする。

 ベアトは金蔵と決別するため、ゲーム終了間際に金蔵を殺す。
 金蔵はEP2でベアトに再会したが、ベアトはやはり金蔵を受け容れなかった。

▼【ベアトはゲームに勝たなくてもいい?】
 ベアトがゲームに勝てば、黄金郷行き。恐らく解放される。 
 しかしベアトが負けても、金蔵さえ始末しておけば、恐らく解放されるのではないか。
 仮に戦人たちが碑文を解いたとしても、ゲームは終わる。この時金蔵さえいなければ、ベアトを縛るものはない。

 戦人たちが碑文を解くことが、解放ではなくベアトの永遠の束縛を意味するなら、ベアトは碑文を解くのを阻止しなければならないわけだが……どうも、ベアトは手を抜いているように見える。
 実は勝っても負けてもかまわないのではないか。

 多分、今のベアトは死ぬこともできないだろう。ゲームさえ終わればなんでもいいんじゃないか。

▼【金蔵が犯した過ち】
 金蔵はベアトに謝りたがっている。
 その謝罪するべき過失は、こうしてベアトの魂を捕らえたこと自体か。またベアトに魔女としての自覚を促さないまま育てたこと。

▼【現在のベアトの状態】
 ホムンクルスとして成長したベアトは、どこかで自分が魔女だという自覚と魔力を取り戻した。
 そして、金蔵の前から姿を消した。
 ただし、ベアトは姿を消しただけで、解放された訳ではない。
 金蔵はベアトが解放されていないことは知っているが、姿が見えないので焦れている。で、謝るから一目会いたいとか言い出した。

戦人:真に受けず、解釈を変える
金蔵がベアトに出会い、恋をして求愛。断られた。
逆ギレして隠し屋敷に閉じ込めた
ベアトは自殺
で、ベアトには生き写しの娘か、赤ん坊がいた?
祖父さまはその子を育てた 祖父さまはその子を娘とは見ていなかった?
→この解釈、なかなかエグいですね。あえて避けてるんでしょうけど、この環境で子供ができるといえば、金蔵の子供以外ない。つまり近親(略)

魂を肉の檻に再び閉じ込めた=彼女の子供でなく、生まれ変わりと信じたという意味?
→うまいこと解釈するもんだと。


ロノの赤文字コーナー


九羽鳥庵の実在の保証もない
ロノ「(赤文字)六軒島の森の中には、九羽鳥庵という隠し屋敷が実在します
→★赤文字がきました。
 ベアト・七杭・ロノ共に赤文字を使えることが判明。
 これで、ベアト以外を騙して不利な赤文字を使わせられる可能性が高まる。
→割と、唐突に明らかになる隠し屋敷の存在。どんどん六軒島が広くなる感じ。
 そのうち六軒島地下帝国でも出てくるんじゃないか。

「悪魔の端くれ(だから赤文字が使える) お嬢様には内緒に
→★戦人が悪魔の言葉を素直に信じたことは、いつもどおりスルー
→★ロノはまだ戦人側の補助装置として機能しているようだ。

戦人:赤を、ロノウェも使えたとは……
→七杭も使えるけどね。七杭よりも上なんだから、使えて当たり前みたいな感じじゃないだろうか。

戦人「九羽鳥庵でのベアトと祖父さまの会話は真実?
ロノ「真実 (赤文字)実際にこの場所で、お二人はこのような会話をなされました
→色々奮発してくれます。
→会話の内容じゃなくて、会話をしたこと自体が事実だといってるだけである点に留意。

戦人「さらに赤で頼む ホムンクルス 非科学的な魔法的存在、実在するのか?
→いやいや、魔法系のことを赤で確定させてどーする。ここはロノが断るところ
ロノ「お答えできない
→OK

ロノ「理由はステイルメイトになるから
ロノ「ステイルメイト= 千日手のパーペチュアルと同様、ゲームの進行が不可能になる宣言
→ステイルメイトが用語として出てきましたね。
(関連)【うみねこ】[第二話] 「碑文ゲーム(仮)」 前編 -ゲームの概要とEP1・2第一の晩- - 雛見沢研究メモ(仮)

戦人「魔法的存在の実在を赤で言えないから誤魔化してるだけ
ロノ「仮に赤で“魔女は実在する”と言ったらどうするか
戦人「身も蓋もない。ゲームオーバー
ロノ「戦人に反論の余地が無い しかし理由が示されないので、戦人はそれを受け容れない
「赤で語られている以上、反論の余地なく証拠も示されない
「この場合、敗北を認めないが、反論の手がなく、手詰まりになる
→★これ結構重要。赤文字で規定されても、信用しないという選択は可能。
 赤文字によって魔法の実在を規定した場合、赤文字自体が無価値化する。
→一方で、赤文字によって魔女の実在を否定した場合は、自己矛盾に陥って自滅する?
 これは実際に現象を見て見ないと分からないな。
→そもそも赤文字はザルなので、赤文字を無価値化する手は他にもある。
(関連)【うみねこ】[第二話] ベアトリーチェの「赤文字」関連メモまとめ - 雛見沢研究メモ(仮)

戦人「身も蓋もない質問は禁止 ハナからお手上げ
→クリティカルな問いはできない。答えることもできない。
 ゲームといえば聞こえはいいが、所詮その程度の茶番だということ。
→そこをあえて、クリティカルな問いばかり繰り返してみるのも一つの手かも。ベアトは答えられないため、ステイルメイトに陥る。
 「魔法の実在を赤文字で規定する」→ステイルメイト
 「身も蓋もない質問ばかりする」→ステイルメイト

 どちらでも赤文字は無価値化する。 

戦人「ベアトがはぐらかした復唱要求には? 島の人数
ロノ「お嬢様が保留されている復唱要求にも、もちろん応えられない
→★なるほど、ロノはアドバイザーどころか、データバンクとしても機能するのか。凄い便利アイテム。
 ベアト一人が相手だと戦人の思考が進まないので、相方を用意したわけだ。オッサンだけど。ベルはなかなか出てこないし。

戦人「ベアトの思い出話 いつの話? 
ロノ「(赤文字)1967年の世界 19年前
→このベアトは、ホムンクルスのベアト。つまりこれより前に一度死んでる。
→仮にホムンクルスの成長速度を人間と同じだと仮定すると、これよりさらに十数年前、ベアトは赤子として誕生した。15年として34年前。20年として39年前。
 六軒島に引っ越してきてからだと考えると、結構ギリギリ?
→大体ホムンクルスベアトと楼座の肉体年齢が一緒だとすると、子供ベアトと子供楼座が出会った?
 もちろん、楼座が出会ったのが前世のベアトである可能性もある。
 
戦人:19年前からベアトリーチェは19人目としてこの島に存在していて?
→であれば、EP2の下位ベアトリーチェの登場が、簡単に再現できるようになる。森の奥から出てきてもらえばいい。
→また同時に、手紙を送ってきた今の魔女=ベアトリーチェの娘と解釈すれば、楼座の疑問はとりあえず解消。
 親ベアトリーチェが死に、娘が生きていた。それだけ。

戦人「赤でいえるのは、1967年の六軒島の隠し屋敷に、人間としてのベアトリーチェが存在した。
ロノ「(赤文字:復唱)
「19人目の駒の存在がハッキリした。
→だがこれでは駄目。EP2の繰り返しでしかない。

ロノ「18人以外に罪を擦り付けられる19人目の人間
「生贄の羊
→しかし、それは「金蔵の罪の証」とでもいうべき、同情されるべき存在となった。
 ここで戦人に「情」が生まれれば、戦人は19人目に罪を擦り付けることすら出来なくなる。
 この状態の危うさは既に指摘した。
(関連)【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:08】[ネタバレ] 10月4日21:00? メタ視世界 - 雛見沢研究メモ(仮)

▼【可哀想な19人目】
 戦人は18人以外に罪をかぶせるべく理屈を展開している。
 しかし19人目が超カワイソウな存在だった場合、人情を根拠にしている戦人は、それにすら罪を被せられなくなる。

 動けなくなった戦人は20人目以降を生み出すか、あるいは破綻する。

戦人「楼座の言葉 ベアトリーチェは死んだ? どういう意味?
ロノ「実際に顛末を見た方が早い
→おお、見せてくれるのか。そりゃ早い。
 これは、ほんとに便利な悪魔ですね。

ロノ、ポケットから懐中時計 竜頭を弄ろうとする
(時間を進めて顛末を見せてくれるつもりらしい


七杭・ルシファー登場


◆ロノの背後に黄金の蝶
ベアトとは別人 七杭の長女=ルシファー
ベアトがロノを妨害するための使い?
 とりあえずこれで、事の顛末は見られなくなった。

ルシファー「(ロノをベアトが呼んでいる)
ロノ退室
戦人「ぜひまたお喋りに
ロノ「私もお嬢様の家具 お嬢様の望まぬことはできない
→★つまり、裏を返せば、この状況もベアトが望んでいることだと?
 ということは、ベアトは戦人に情報を与えたがっていることになる。アドバイスもしたい。
→やはり、ベアトは勝っても負けてもどっちでもいいと見るべきか。
 戦人に対して非常に親切なのは言うまでもない。

ロノ「私が使った赤は、本来お嬢様が? ヘソを曲げたから代わりに
「ようやく仲良くなれてきた よい友人に
→★ロノと友人になるということは、いずれベアトと友人になることをも示唆する。
 魔法を受け容れなくても、魔法側の存在を友人にすることはできる。
 
◆この場に残っているルシファー

ルシ「長女の私がこの程度の用事で
戦人「クッキーでも食え
(略)セクハラ

風切り音と血
→また戦人は殺されたかな?
 おつかれっしたー

------------------------------------------------------------
 つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。