雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:補足04】[ネタバレ] 人の造りしアレがいっぱい? 

 いいオモチャが出てきたので、また妄想するのです。

*ネタバレ注意

ホムンクルスが大量発覚?


 とりあえずベアトリーチェがホムンクルスだということが分かりました。

 多分だけど、家具連中……特に紗音や嘉音もホムンクルスなんでしょうね。
 源次は時期的な関係で、ホムンクルス以外のものじゃないかと思ったりしますが。
 
 この状況で、「ホムンクルスの外見や年齢等が自由に操作できる」という設定だった場合、何ができるか。
 一応赤子から育てたことになってますが、成長速度等に関する設定が明らかになっていないので、現在はどうとでも言えます。

 例えば、ホンモノの金蔵は既に死亡していて、今の金蔵は魂を移植したホムンクルスだったり。  
 あるいは、明日夢や金蔵の妻といった、六軒島に引っ越してきてからの死者であれば、同様にホムンクルスに魂を移して、擬似的に生存させることもできます。
 
 また、これまでの事件……つまり、EP1・2と発生してきた死者・死体が、人間ではなくホムンクルスだった可能性もあります。
 例えばボイラーで焼けてたのが、ホムンクルスのダミーだったりするかもしれないわけですね。 
 
 あるいは、戦人がホムンクルスなんてのも面白いかもしれません。
 乗り物が異常に怖い戦人。実は過去に一度乗り物関係の事故で死んでいて、ホムンクルスとして蘇ったのではないか。
 そんな想像もできるようになりました。
 アリガチなオチですね。某大作RPGにも似たようなネタがあったかなぁ。あれはクローン?
 
 さらには、ホムンクルスによるクローン技術的なもの、また魂の移植といった概念を流用することで、人間の入れ替えも可能になりました。
 例えば、源次の中に金蔵の魂が、金蔵の中に源次の魂が入っているとか。他のメンバー全員にも同様の「入れ替え」が可能だと考えられます。

 んでもって、「ニセ戦人」みたいなネタも使えるようになります。
 別に用意した肉体に、別人の魂を入れればいいだけです。


新しいオモチャの影響


 この「ホムンクルス」という存在によって、大きく三つの概念が変わってます。

?死の概念の変質
?キャラの同一性の変質
?肉体の単一性の変質

 ?は、ベアトリーチェが死んでもホムンクルスとして強制的に蘇生されたことから。
 もはや、ホムンクルスが使用できる限り、誰の魂も死によって解放されない可能性がある。
 誰が死んでいて、誰が生きているのかもわからない。

 ?は、魂の移植が可能な点から。
 ベアトリーチェの魂を、ベアトリーチェに似ていない、全く別の肉体に移すことも可能だったと考えられる。
 あえてそういう手段を使うことで、キャラクターの同一性が失われる。もう誰が誰やら分からない。
 昨日の楼座が、今日の楼座である保証など全くない。

 ?は、ホムンクルスの量産によって、本来1人の人間に1つしかない肉体を、複数用意することができるようになったこと。
 死体を見ても本人の肉体と確認できないし、同じ人間の死体をいくつも用意できる。オリジナルの肉体とそうでないもの。
 肉体を量産し、雑多な魂をつかって大量のニセモノを生産することも可能。


ホムンクルスの設定の確定が重要


 この「ホムンクルス」は、「ひぐらし」の「雛見沢症候群」並に応用の利く概念だと思います。
 様々な謎が「特殊要因・雛見沢症候群」の想定によって説明可能になるように、「特殊要因・ホムンクルス」が、様々な謎を駆逐してしまうかもしれません。

 こんな風に色々破綻しまくりグダグダになるので、ホムンクルスの設定を確定することが重要になります。
 何ができて、何ができないのか。これが明らかにならないと、六軒島のホムンクルス疑惑は終わりません。
 はっきり言って、ベアトリーチェが普段使ってる魔法よりタチが悪いですね。
 何があっても、
 「ああ、ホムンクルスじゃないの?」
 で終わっちゃうかもしれないわけで。

 投下された「ホムンクルス」という爆弾は、今のところそういう類のものです。
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •