雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

変なこと考えてないで次に進むことをお勧めしよう
[ 2008/08/31 03:39 ] -[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:補足01】[ネタバレ] 各EP固有の要素 

 メモを書いたところまでプレイして、そこで中断したっきり一歩たりとも進んでません。
 自分の中でゆっくりと消化されていくのを待ってる感じですかね。
 とはいえいつまでも放置はできないので、そろそろ再開しようと考えてるところです。

*ネタバレ注意

展開の共通部分


 EP1・2にはストーリーの展開に共通部分がありました。
 その共通部分の次の形、EP3での展開を考えたのが【うみねこ】 「EP1=朱志香・夏妃編」「EP2=真里亞・楼座編」という捉え方。「EP3=譲治・絵羽編」か? - 雛見沢研究メモ(仮)でした。これは今のところ、割と的を射ているように思います。
 定まった駒の配置があり、そこに置くキャラを挿げ替えるだけです。

 夏妃、楼座ともにキャラクター性には違いがありますが、状況を変える大きな要因とはなりませんでした。
 絵羽も恐らくそうなるだろうと考えます。
 それなりに武術の経験もあれば、性格もドSですが、これまで行われた殺人劇に対抗するには心もとない。  


EP2に他のEPとの差異を作った要因


 そんな「展開の共通部分」と同時に、「EP間の差異を作る要因」も存在します。

 EP1・2の大きな差異は、右代宮家に登場した、他のニンゲンたちにも認識できる「ベアトリーチェ」の存在だと考えます。
 ここでは「戦人」と「上位戦人」の関係にならって、「下位ベアトリーチェ」と呼ぶことにします。
 この下位ベアトリーチェの存在が、EP2の展開に大きな石を投げ込んで、流れを変えました。
 
 この下位ベアトリーチェが示したのは、たとえ19人目となる怪しすぎる存在を島に投入したとしても、楼座たちは互いを疑うことをやめず、EP1と同じような流れへと状況を再修正してしまうことだと考えます。
 一時的に流れが変わっても、結局は同じになってしまいました。

 また、この「下位ベアトリーチェ」は、EP3では前回ほどはっきりと右代宮家のニンゲンたちの前に姿を見せていません。
 このことから、「下位ベアトリーチェはEP2固有の要素だったのではないか」と推測できます。
 
 

EP3固有の要因


 EP3にもそのような「固有の要因」となるものがあるはずだ……と推測しているわけですが、ではそれはナンなのか。
 EP2の固有要因が「下位ベアトリーチェ」だったと仮定して、今回それが同じように登場しなかった場合、EP3に「固有の要因」が出てこない限り、EP1と同じような展開になるでしょう。

 とりあえず、EP3固有の要因となるかどうかは分かりませんが、新要素はいくつか出てきました。
 しかし、右代宮家のストーリーの流れにどれだけ影響するかは未知数です。
◆「白髪ベアトリーチェ」
…金髪ベアトリーチェの師匠
…過去の別の場所の存在なので、今回の右代宮家の事件に直接関わるかどうかは全く分からない。

◆「“彼女”」
…絵羽のみ認識している様子。白髪ベアト、金髪ベアトなどと言動に共通点がある。
…今のところ、絵羽にとっての精神的な存在で、現実に影響した様子が無い。

◆「ロノウェ」
…ベアトの執事。
…ベアトリーチェのオマケ。EP2の下位ベアトリーチェのように右代宮家で活躍してくれないことにははじまらない。
 といったところ。
 
 しかしこれだけのはずがない。必ず何かあるはず。 
 それは例えば【うみねこ】[第二話] 次話以降に切られそうなカード - 雛見沢研究メモ(仮)で予想したようなものかもしれないし、全く違うものかもしれない。
 「下位ベルンカステル」や「下位ラムダデルタ」の登場などはあまりにも予想が容易いですが、ありそうなところ。オドロキも少なく無難な部類でしょうか。

 “彼女”が正体を現す、具現化するなどの展開もありそうです。しかし“彼女”に何ができるのか、今のところそれは分かりません。
 単なる「怪しい存在」として登場するだけなら、下位ベアトリーチェと大差がありません。

 白髪ベアト、ロノウェあたりの現実世界=下位世界登場も考えられます。
 あるいは肖像画の「子供ベアトリーチェ」の存在もあります。
 「白髪ベアトリーチェ」やその「師匠」の存在が明らかになった今、この3人の魔女が一堂に会するという状況が作れるようになりました。
 もしあの「子供ベアトリーチェ」が「白髪ベアトリーチェの師匠」である存在ならば、あのままの立ち絵の新しい魔女が“本編登場”となる可能性も考えられます。
 この場合は、敵になるのか味方になるのか、あるいは敵の敵(金髪ベアトの敵)となるのか。そのあたりも重要な要素になりそう。

 ニンゲンを追加するのは難しいですが、魔女側のキャラならいくらでも出せる訳で、新キャラ登場系はとりあえず想定しておきたいところ。
 EP2の「魔女の宴」にもいっぱい魔女がいたみたいですし、ヒマなヤツラがそろぞろやってくるかもしれません。

 でもただ出てくるだけじゃダメです。どう影響するのか。何が変わるのか。
関連記事


変なこと考えてないで次に進むことをお勧めしよう
[ 2008/08/31 03:39 ] -[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。