雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこのなく頃にEP3プレイメモ:02】[ネタバレ] 冒頭部:現在・メタ視世界 

 記事タイトルと、この部分にどこまで書いていいものやら。ある程度情報がないと、どこの部分の記事だかわからない。とりあえず時間と大体の場所だけは書いていこう。
 
*ネタバレ注意

現在・メタ視世界


◆茶会部屋?
→現在に戻った?

◆ベアトリーチェ
ベアトリーチェ「夢か 懐かしい顔だ
→やはりさっきのは金髪ベアトの過去。
→★やはり「姫=金髪ベアトリーチェ」と考えてよさげ。

「無限の魔女」という最高の到達点の称号 妾にとってほんの肩書きの一つ
→★ってことは“到達”したってこと?嘘でしょ?
 またまたベアトさんったら。
→今のところ金髪ベアトが見せてるのは「無限の一時修復」だけ。完全修復してるかどうかは分からない。さらに、今はその「無限」すら疑わしい段階。
→第一、金蔵に捕らわれて六軒島に縛られてるんじゃないの?
 また、自由に「黄金郷」にすら到達できずに、魔法失敗の連続ですよ。ヘボじゃん?

最高の到達点 永遠の行き止まり 永遠の退屈の始まり
→到達してないのに?

ベアトリーチェ「お師匠様は言ってた 全ての悲しみから解き放たれること=永遠の至福
→★ベアトリーチェ=姫確定

「だからこそ お師匠様はその域に至れなかった(のだと分かる)
→つまり、“白髪ベアトは「到達点」を実際に知らない。だからヘンな夢を見てやがりました。到達した後の現実を知らない未熟な魔女だぜ!”ってことね。
 だが果たしてそうだろうか?
 ベアトリーチェの師匠、白髪ベアトリーチェにも師匠がいて、その魔女は「完成」されていたようだし。

▼【ベアトの系譜3人・魔女としての完成度】
◆「白髪ベアトの師匠」
…多分今のベアトより上なんじゃない?ただの想像だけど。
◆「白髪ベアト」
…多分、今のベアトより下。壷を修復してもすぐ壊れる。金髪ベアトはニンゲンを蘇らせてしばらく維持できる。
◆「金髪ベアト」
…おなじみベアトリーチェさん。自分では“到達”してるつもりだけど、確認できず。

永遠の至福=永遠の退屈
永遠の拷問の始まり
さっさと黄金郷にでも行けばいいんじゃないの。
 あるのかどうか知らないけど。

退屈は全ての魔女を殺す最悪の毒 永遠の毒
→魔女にこれが共通してるのは確か。ベルンカステルも似たようなもの。
→★もっと上の存在っぽい、ひぐらし祭囃し編ラストの「二次創作神(仮)」は、どうも退屈してそうにない。なんかやたらと楽しそうだし。
 あの存在を「真に完成された魔女=永遠の至福の体現者」と仮定するのはどうだろうか?

ベアトリーチェ「再び師匠と語らいたい 修行の果てにあったのは本当に“幸せ”だったのか
→どうも魔女にも色々いるみたいですね。あと“幸せ”について考えてる。
 宗教的というか哲学的というか。

「本当の“幸せ”とは何か
→なんだかヌルいことを言い出しましたね、ベアトリーチェさま。
→ベアトリーチェは「幸福」を求める。なら誰かが与えてやれるだろうか?
 導くのは戦人?そしてベアトリーチェは変化し成長する?
(関連)【うみねこ】[ネタ] “第一回”黄金争奪戦?金蔵と戦人とベアトリーチェについて - 雛見沢研究メモ(仮)

かつての師匠の言葉:修行に終わりはない 永遠の境地に辿り着いたと思った時こそが、未熟さを悔いる時
ベアトリーチェ「なるほど妾は未熟か それはいい!
★見た感じ未熟ですよね。なんだかもう全体的に。
→自分が未熟であることを喜ぶのは、成長する余地があるということ。つまり状況の変化に期待できる。停滞していない。
→やっぱり、白髪ベアトの方が精神的には成熟してる感じがしますね。実力的にはともかく。
 でもって、白髪ベアトの師匠は金髪ベアトより完成されてそう。


七杭と戦人


◆耳障りな哄笑 家具たち 玩具を壊した
“男”を玩具にして遊んでいた
いくらベアトリーチェが直してもすぐ壊れる
→★やはり「すぐ壊れる」なら、ベアトリーチェの能力が完全修復だと証明できない。
 やっぱ一時修復なんじゃないの??未熟なんじゃないの??という疑念は払拭できない。
 何度直そうと同じ。

ベアトリーチェ「やかましい!
七杭消える
→キレるベアトさま。あなたのシツケが(ry

ぐちゃぐちゃの玩具の残骸
→★さて誰だ?六軒島のメンツか、あるいは別のものか。
→今の六軒島のメンツでなければ、かつての右代宮の使用人という線を考える。
 使用人の争いみたいなエピソードもまだ詳しく語られてない。
 
ベアトリーチェ「目が覚めたか右代宮戦人ぁ
→★あれ?戦人?
 EP2の後、マッタリと次のゲームを待ってたわけじゃないのか。
 杭に玩具にされてたって?そりゃ酷い。
→★ってことは、EP1の後にも同じ状況があった可能性も。
→★一度屈服して復活して、その後魔女に玩具にされる?
 おいおい、魔法抵抗力はどこいった。 
 メタ視世界とはいえ、戦人が直接七杭の餌食になってたら、話が違んじゃないかしら。別にいいのか。
 でもヤッチャッテルものは仕方ない。

戦人「いてて
→グチャっても「いてて」で済む(笑
 何度もやられたみたいだし、割と慣れてるのかも。
 そのうち梨花みたいになるんじゃないか。

ベアトリーチェ「妾を魔女と認めさえすれば
戦人「この程度で地獄かよ
→まだ元気。よかったよかった。「屈服後の戦人」ではないってこと。

また七杭たち出現
ルシファー(黒髪ストレートロング)「朱志香のポケットに鍵を戻した方法
→まだやってるのねこのネタ。もうどうでもいい気がするんだけど……

戦人「釣り糸か何かで鍵を扉の隙間から
ベルフェゴール(黒髪ポニ)「(赤文字)六軒島に存在する全ての扉は、鍵が通り抜けられる隙間などない
★七杭まで赤文字使えるのね。結構“安い”魔法ってことか。 
→「扉」に隙間がないだけじゃん。壁は?天井は?床は?

戦人「俺は絶対に魔女も魔法も認めねえ
サタン(白髪ロール)「人間とトリックで何も説明できないくせに?
魔法の証明もできないくせに、何いわれてもねー
 手品の結果と区別がつかないものを見せられて、何を信じろと。
 物理法則を逸脱した現象を観測させてくれないと。
メタ視世界の魔法的現象は普通に受け容れるけど、密室に使われた魔法は認めちゃダメ。いつもどおりヘンな感じ。
★これも結局、戦人の心を折るための拷問に過ぎない。
 自分たちに論理性がないから、殴って脅して認めさせようとしてるだけ。
 その点、EP2のベアトリーチェは、対話だけでやろうとした分、かなりマシだった。(対楼座は別)
→理屈が通じないから暴力。議論としてはもうとっくの昔に破綻し、ベアトも七杭も負けを認めたも同然。
 でもそんな理屈が通じる魔女様ではないってことかしら。

無限の蘇生は無限の死をも自在に
→やはり「無限に殺す」は「無限修復」が前提ですね。

▼【メモ:上位戦人、修行中?】
 この七杭にボコられてる戦人の姿を見てると「拷問」ではなく「修行」に見えてきます。
 ベアトは「拷問」だと主張してるんですが、結果的に戦人が成長する可能性がある。
 ベアトも意図的に“戦人を成長させようとしている”かもしれません。というか多分そうですね。いつもそんな感じだし。

・ほとんど抵抗できないとしても、七杭を観察することはできる
・七杭は魔法バトルの仮想敵としてはこれ以上ない相手
・ベアトが生き返らせてくれるので、何度でもコンテニューできるゲームと同じ
・戦人には「魔法抵抗力」があり、根本的に無力ではない

 私は「ひぐらし」の梨花たちを「成長するゾンビ」と形容したことがあるんですが、今の戦人がまさにこれに近いイメージ。
 そのうち、戦人が状況に慣れ、成長し、七杭に一発パンチくれるぐらいやるかも?
 あ、痴漢の方が先か(笑

◆キャラ紹介を見る
特に変化なし
→七杭の性格解説が、EP2より増えてるかな?
表情も追加されて、より人間臭く

▼【メモ:魔法を教えること】
 金蔵は独学だっけ?真
 里亞は魔法を習ってるフシがありました。 
 ラムダやベルは分からない。でもベルは独学じゃないかなー
 とりあえず、魔法ってのは教えられるものだってことは分かった。
 師匠がいて、系譜がある。

▼【メモ:二人のベアトリーチェ】
 ベアトリーチェが二人居る。
 これは要注意。なぜなら、六軒島にも「二人」いるかもしれないから。
 また、真里亞は両方のベアトリーチェに会っている可能性がある。

・「信じれば奇跡」→ベルンカステル的だが、白髪ベアトリーチェも同じことを言う
・「友達の魔女」→ベルンカステルでなく、白髪ベアトリーチェである可能性もある
・「EP1のベアトリーチェ」→EP1で真里亞が会ったベアトリーチェについて、外見情報が完全遮断されていた。つまり、金髪ベアトリーチェでなく白髪ベアトリーチェである可能性を残している

◆OPムービー

------------------------------------------------------------
つづく
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •