雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこ】[第ニ話プレイメモ] 冒頭部 

@:感想やメモなど
★:特に注意しておきたいことなど

 展開を予想したり考察したりしつつプレイしていく、ファーストプレイメモです。
ネタバレ全開です。

ロックを外して第二話から。


◆「いきなり屈服させるつもりです」と。
@1/1の製作日記では「おそらく、99.9%の方が魔女に屈服することになるんじゃないかと思います」とか書いてあったりしますね。
 富竹の喉掻き毟りレベルは期待できそう。


日付不明


水族館


◆紗音、譲治のデートですかね。
@紗音の太ましい立ち絵がいいですね。
@妊娠……してるわけないよなぁ……うん。
 んー?

◆システム→TIPS
・肖像画の碑文が最初からある。
@ゼロからのスタートじゃなく、何か蓄積してるような感じが僅かに。

・キャラ紹介。絵柄も文章も変わっている。
@紗音については「本名ではない」と最初から情報が。

◆譲治
・Tシャツに富竹フラッシュ。でドッグタグ。
@完全に狙ってますね。二次創作を取り込む姿勢はひぐらしから変わらず。

・譲治にとって「薔薇色の日々」
@浮かれまくってますね。
 浮かれ度合いは雛見沢にやってきた頃の圭一並みかも?

◆鯨の泳ぐ大水槽
@この時期に開館していて、クジラが泳げるような水族館で、伊豆諸島に近い場所にある水族館は……と考えてみたがよく分からず。
「江ノ島水族館マリンランド(現:新江ノ島水族館)」あたりかな?とか。
@こんなところで突っかかってるからプレイに時間がかかるんだ……

紗音「海の一部をナイフで切り取ったみたいな
@確かに変わった表現かもしれない。
 微妙に猟奇的なところが。私の気のせい。絶対気のせい。

紗音「ここに泳ぐ彼らが海だと信じたなら、これは確かに海
譲治「たとえ、有限の水槽の中だとしても
@「籠の中の鳥でも、鳥がそこを空だと信じれば空なんだ」みたいな?
 六軒島という狭い世界の住人であることを云々?

譲治「世界はこんなにも広いのに 
紗音「完成された世界だと信じられるなら。たとえ狭い井戸の底だったって、立派な世界で海
@やっぱりこれは六軒島と自分たちの在り方について触れてる感じかな。

六軒島という全長10kmの?
@その通りでした。

音楽変わる。ムービーではないオープニング


・曲名忘れた……のオーケストラアレンジかな。
★登場人物紹介の最後のベアトリーチェの名前。
 ベルンカステルの名前はない。
@……ということは? おいおい。


デートの続き


展望レストラン


・バイキング形式
見得をはりあって互いに料理を少なく取る

紗音「女の子のお腹は魔法で出来てるから、これでも平気なんです
@お腹とか魔法とか言われると、今回の紗音はお腹がすごいことになって死んでしまうんじゃないかと想像してしまう。私は病気に違いない。

空は曇り
@第一話の台風と繋がりが……?とか考えてしまう。
 でもこのデートが、第一話で空港に集合する直前……ということはないはず。紗音は屋敷に居たはずだし。
 少なくともそれよりは少し前。

■譲治、小学校の頃は「いじられキャラ」だった。
からかわれた。
なぜいじめられるのかと思っていた。
@「いじめ」ね。うん。 
 金持ちだし?

今は自分が紗音にやっている。
楽しい。喜怒哀楽を思うままに。独占。
サジ加減が重要。
@「自分がやってるのはいじめではない」と。
@他人をコントロールするのはよきにせよあしきにせよ楽しいぞ、と。
 やっぱり人をコントロールしたがる感じがありますね、譲治。
@譲治がうけていた「いじり」に悪意はあったんだろうか、どうだろうか。さて。
 変に屈折してなきゃいいけどそうはいかない。

紗音にケーキを食べさせる。「あ?ん
譲治の長年の夢
至福
@長年ね……そういや譲治はいつから紗音を思ってるんだろうか。
 相当昔からかも?

★次に叩き落すために盛り上げてる感じ。
 至福があれば絶望がくるという予定調和。


海岸


紗音「幸せすぎて怖くなる
「使用人と右代宮家の?
@身分違いとかそんなのね。

紗音「譲治と縁があったらと想像していた
@らしい。

譲治「想う力には魔法が宿る
@やっぱり「魔法」という言葉を使いたがる感じ。今作二度目だ。
 危険な香り。

「必然の結果 魔法や奇跡ではない
@魔法だといったり否定してみたり忙しいね。

紗音「奇跡はあったんです。 魔法
@ベアトリーチェ絡み?
 まさか「魔女様にお願い☆」とか??

「言っても信じてくれないでしょうから言いません
「私と譲治さまを巡り合わせる奇跡の力
★鷹野と一二三にもなんかそんなのがあったような。

「おまじないじゃなく 本当の魔法
★戦人のポジションが魔法・魔女の否定だとしたら、「本当の魔法」と魔法を信じているらしい紗音はですね。
 仮に紗音の魔法を完全に否定しようとしたら、紗音は自分の恋愛のために狂ったように魔法を擁護しそうなイメージ。
★でもこの魔法はどちらかといえばプラスに作用した魔法っぽい?
 殺人魔法と出会いの魔法。
 魔法を否定してしまえば紗音と譲治の出会いもなくなる?なんともいえない。
 最終的には「魔法抜きでモノにしろ」ってことかね。

譲治:出会いを奇跡や偶然で装飾したがるのは女の子の普遍的な考え方?
@都合よく特別視したがるのは誰にでも普遍だと想う。

10%の偶然 
そういう考え方自体が男性的で打算的?
@男性的と打算的を結びつける譲治。
 紗音という女性に夢を見ている感じ。正しく浮かれまくってますね。

それを口に出してしまえば、どんな魔法も解けてしまう。
@打算とか言い出したら夢が覚めてしまいますわね。
★「恋愛」という幻想を維持するための仕組み……か。
 「魔女」という幻想、「黄金」という幻想に、「恋愛」が加わる?
 うーん。保留。
【うみねこ】 第二話発売前に一応書いておこう的なメモで書いたような「幻想を維持するための仕組み」が「恋愛」に作用しているとすると……後々悲惨じゃない?

譲治「同じ運命を百回繰り返したら、僕と君がこうなる結果は一度しか起こらなかったかも。
@微妙な言い回しだ。

紗音「そういうのじゃなくて本当に魔法 嘉音くんも全然信じてくれません
★魔法肯定・否定という立場では二人とも真っ向対立してる。このあたりが今後の二人の課題になるの?
 最終的にどちらに転ぶのかは分からない。

★今回引き裂かれる「寄り添う二人」はやはりこの二人??
 まて、「今回」ってなんだ。
 次回はどうなる? 
 第一話「秀吉と絵羽」第二話「譲治と紗音」としたら、第三話以降は?
 「朱志香と嘉音」「留弗夫と霧江」「夏妃と蔵臼」あたりが候補か。
★★「引き裂かれる二人」は毎回違ったりする?
★碑文の殺され役には、なぜか「寄り添う二人」という部分だけ特殊な条件がある。
 やっぱり根が金蔵のベアトリーチェに対する妄執だから、どうしてもソッチ系の話になる?
★おっと、そういえば作中の「恋の魔法」(笑)が全部解けてしまったら、金蔵のベアトリーチェに対するものも消えてしまう?
 とすれば儀式自体が発生しなくなる。
 これも一つの答え?

譲治「信じるよ
@魔法肯定に回る譲治。この魔法が殺人魔法なら最悪なわけだけど。
魔法肯定派に懐柔されたような格好かなあ。
 本心はともあれ、信じる方向に行ってる訳で。
 ある意味では、譲治が「敵側」に寝返ったようなものでもある?? 違うか。
★例えばそう……紗音が「魔法を信じさせようとする魔女の手先」だったとしたら、譲治はまんまとヤラレたことになる。
 同じような手口で戦人がやられる可能性もある。

愛の魔法を、二人が信じてくれたなら、それは永遠のものだから。
@あーこりゃダメだ。ナイわ。危ういもの。
 この二人の幻想は破壊されて終了する。
 いわば恋愛終了……恋愛死亡フラグ。

呼び方、譲治さまってのをナシに
紗音=紗代
@確か第一話でもそんな話してたなあ。
 あれの由来ってわけね。



◆場面が変わって。

・私の耳を?
荒れ狂う波の音
@女性か?

痛いくらいに冷たい飛沫を浴びたこの身が?
@誰だ。

私の古き運命が割って砕かれた?
昨日と全く変わることのない明日
@んー、紗音あたりなら当てはまるか。さっきの水族館の話からして。
 流れがウマイね。

魔女が囁きかける
@なんだ? あー、紗音が魔女の囁きで自分の日常を変えてしまうとか、そんな話?
 魔女にそそのかされたとか、そういう?んー……
★紗音って薄皮一枚剥いたらヤバそうだし。これが紗音の内面から、そういうのもアリか。

知恵の実をかじりなさいと誘惑する。
@おお、やはり誘惑。 
 これ、第二話の紹介画像にあったやつだーね。
★同じく紹介画像にあった「約束」ってのが「魔女との契約」だとしたら……対価なり制限なりがあるはず。
★★そう、例えば紗音が魔女に魔法を願い、「恋」をその魔法によってかなえたとしたら。
 その契約文の内容がどうなっているのか。ひと時の夢と引き換えに、紗音は何を失うのか。
 そんな話になるのかな?

神の楽園に居続ける限り、私は家具のまま
★あー、これ紗音で確定かなあ……まさか嘉音や熊沢ではあるまい。
 他の使用人という線もないではないが、基本は紗音だろう。

私は愛を知り、人となることを選ぼうとする
新しい苦悩の日々の始まりだと、今は気づけない
@苦悩、苦悩ねえ。譲治と幸せそうにしていた紗音が、裏で何を苦しんでいたのか。
 とりあえず絵羽あたりは出てきそうだが、さてさて。


モーターボートで小島に

 
@モーターボートの乗り方、教えてもらったばかり……って誰に?
岩礁
★んー、ああ?ひょっとして鳥居を壊すの???
 で、「魔女を招き入れる」とか。んー。
 鳥居が壊れたのが……えーと86年の、この年の夏か。
★紗音と譲治が付き合いだしたのがいつだか分からんのがネック。
 「鳥居を壊す→魔女来る→魔法で譲治と付き合う」
 なのか
 「魔女との契約→魔法で譲治と付き合う→鳥居を壊す=契約の執行」なのか。
 どっちだか分からん。あるいは違う?

◆鳥居・鎮守の祠
@これも紹介画像にあった。まさか視点人物が紗音だとは想わなかったが。

・誰かに見られていないか周囲を警戒
・祠の中の鏡を手に取る
@鏡……か。封印なのか結界なのか御神体なのか。微妙。

・甘言に乗せられて割ってしまっても?
@破壊か?。うーん。
@っつか鳥居を壊すんじゃないのね。そりゃ鳥居を壊そうとしたら力仕事だろうし。
 鏡だけ割って鳥居は勝手に壊れたのか?

・あの狂おしい感情を知ってしまった
@恋愛感情のことかね。
 なんつーかあれだ。「ヤンデレ」だ。
 紗音が実はちょっとオカシイってのも、予定調和だよねえ。うん。

・新たな苦しみを受け入れることで人間となろう
@新たな苦しみって何?
 さっき「今は気づけない」とか言ってたけど。

・私を閉じ込める永遠に変わりなき運命を、叩き割れ
@これは六軒島での普通の生活のことだよね?
 少なくともループ地獄のことじゃーないはずだが……
★★あー、「新たな苦しみ」って、ひょっとしてループ地獄のことっすかね。
 だとすると「無限に殺される」のは紗音なのか??
 重要ポジションすぎだろう。でも妥当なのか……?うーん。

紗音?「約束は守りました
@ここで「約束」が出てくるのか。鏡を割ること契約の条件?

魔女は言った。それは世界の一なる元素。それを失うとはすなわち世界を失う
穴の開いた水筒
「私の願いをどうか叶えてください! ベアトリーチェさま
@ベアトリーチェか。
@第一話のメモでもちょっと触れたドラキュラみたいですね。そのままだと入れないから中から招かせる。
 自分だと入れないから中の人間をそそのかして中に入る。あるいは復活する。魔物の常套手段。

------------------------------------------------------------
メモ

◆まさかホントに「魔女様にお願い☆」「恋の魔法だったとは……
→契約の内容が重要。
 場合によっては紗音が「無限に殺される一人」の対象かもしれない。

◆結局は「鳥居を壊す→魔女来る→魔法で譲治と付き合う」という流れだったっぽい?
→ただし、紗音(確定でない)が求めた「魔法」が、譲治と付き合うこととは限らない。
→鳥居が壊れたのが今年(86年)の夏なので、親族会議までそんなに長くない。
 つまり紗音と譲治は精々数ヶ月の付き合い。

この様子だと他にも契約者がいるかもしれない。金蔵もその一人。
 少なくとも金蔵・紗音の二人の契約者がいることから、契約することが、即「無限に殺される一人」になることではないと考えられる。

------------------------------------------------------------
→OPムービー
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。