雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【ひぐらし】 濃い小説書評 -「まんたんブロード」40号の「ひぐらし」小説書評- 

 ひぐらしのなく頃に 第1話 下 鬼隠し編 (1) (講談社BOX)

 小説版「ひぐらし」の書評です。

 ライターさんが書くといろんな言葉が飛び出してくるものだなと感心します。
 中でも「講談社BOXらしい煽り」ってのがまさにその通りだなと。
 講談社BOXとその周辺の、どうにかして煽って煽って盛り上げていこうという雰囲気と、出題編からとにかく煽りのうまい竜騎士07氏のイメージに、何か共通するものを感じます。
 出会うべくして出会って、なるべくして小説になったような妙な符合を意識せずにはいられません。
(参考)
講談社BOX - Wikipedia
アニメ・マンガ・ゲームの無料情報紙「まんたんブロード」?アニメ・マンガ:MSN毎日インタラクティブ

 この手の商業がらみの書評は、少し古いものですが「週刊書評」でもいくつか読むことができます。
 内容的には、やはりミステリとしての欠点を踏まえつつ、その他の部分の価値や意味を論じるのが基本みたいですね。
 いろんな表現が付加されると、何気なく手にとっている作品が、やおらとてつもない代物であるかのように感じられたりして面白いものです。
 少々ついていけない部分があったりしますが、3割ぐらい理解できればいいやって感じで読んでました。
関連記事

[ 2007/09/28 ] 【ひぐらし雑記TB(0) CM(0) はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。