雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 17:00→18:00? 

■:キャラ関連
@:感想など
★:特に注意しておきたいこと。

 以下ネタバレ。


17:00→18:00


子供たちの部屋?


台風
船が出なきゃ学校は休み 自習の指示
梅雨なんかは数日間休みもある
帰りに船が出ない時には、学校側に宿泊所もある。数日間帰れないことも

■朱志香:都会に出たがっている
マナーなどの教育で全寮制の高校にも行かせてもらえなかった。

見つからない薔薇の件
真里亞はこの部屋にも帰ってこない
楼座につれられて屋敷に?
★行方不明&捜索フラグ?
 確か傘がどうこうというエピソードはこのあたり?

嘉音が食事に呼びに
嘉音「真里亞は?
@行方不明……?

客間?


楼座 寝入っていた
源次が毛布をかけようとすると飛び起きる
@飛び起きる描写が気になる。

6時すぎ
「真里亞は?
「真里亞の性分からして、そこに居続ける 傘もささずに
@傘……傘を渡してくれたのはだれ?っつー謎。製作日記に出てたヤツ。
 真里亞が何故か傘を持って帰ってくる?
 で、「魔女にもらった」とか言い出したら恐怖!ってわけ?
@何者かの深夜徘徊の伏線があるから、それと魔女をあわせて「余計な一人」を匂わせる?
 ついでに金蔵の「ベアトリーチェ」ネタが合わさってくるのか。

部屋を飛び出していく楼座
@忙しいキャラだ。

いとこ部屋


戦人たち
真里亞について
戦人「ずっとひとりでヘソ曲げて 
譲治「たまにものすごく頑固 愚直
@楼座と同じことを言ってる。

朱志香「嘉音が来る時に真里亞に気づかなかったか?
場所がズレる
気づかなかった可能性は十分

@消えた薔薇に嘉音が関わっている可能性を考えていたけど……
@嘉音が引っこ抜いていたなら、この結果は嘉音が望んだ?
 ここまでを望んだのか、ここまでのことは望んでいなかったのか。
@抜いたのが郷田だとわけが分からない。
 その他は関連が薄すぎてなんでも一緒。

庭園


譲治や戦人たち
庭園に真里亞を探しに
楼座が既にいる

戦人:真里亞→まだ純真無垢なままで

真里亞は白い傘をさしながら薔薇を探していた
@よかったよかった。
@限りなく危ないフラグだったが、行方不明まで行かない。

★「白い傘」が問題?
 製作日記から早い段階で示唆されていたネタ。
 確か「誰が傘を渡したのか」ってヤツ。
@てっきり森の中の話になるのかと思ってたが、庭園なのか……
@この後の真里亞がどう反応するかも問題。
 心を閉ざしてコミュニケーション不能になったりすると、傘の謎は分からないまま。
 問題なくコミュニケーションできるようなら、手がかりぐらいは出るか。
@傘を渡した人物……消去法で、楼座・戦人たちは消える。
 嘉音だったら……すぐバレるウソじゃ意味がない。
 他は誰でも同じか。
@他に、元々持ってたとか、自分で取りに帰ったとか……

戦人:手提げの中に傘があったのだろう
@これがひっくり返る?
 でなきゃ傘の話はもっと後の別のシーンになる。

楼座「悪いママでごめんね……
@この怒る→反省→怒るという二極を繰り返すんだろうなぁ……
 やっぱり忙しいキャラだ。

屋敷へ
思ったほど衰弱していない
楼座はもう真里亞のうーうーを咎めない

真里亞と傘



真里亞「傘なんか持ってなかった
「貸してもらった
「ベアトリーチェー

@真里亞がコミュニケーション可能なのは、ヒントを出すためじゃなく、コレ自体が謎の提示なのか。
@本当に魔女だという可能性はまず放置するとして……
・「そう答える約束をした」
・「そう見える容姿だった」
・「“魔女”としてそれらしい知識などを持っていた」
・「変身したベアトリーチェだと名乗った」
 こんな感じかなぁ。
@真里亞がウソ・冗談を言うケースってのはちょっと考えづらい。

★ちょっと妄想
 金蔵が窓から外を見たときに真里亞を発見し、使用人を使って傘を届けさせた。届けたのは紗音
 紗音は「ベアトリーチェに頼まれた」と言う。金蔵からの指示で
@ポイントは、真里亞が「約束を守る」ことや、信頼している人物の方が都合がよさそうなこと。

楼座は信じない
@他のメンツにも信じる理由はないだろう

書斎


夕食前
蔵臼が金蔵を呼びに

金蔵は南條とチェス
金蔵「ビショップが効かぬか 一手足りぬ
 「今夜で決着を さもなくば、お前との決着は金輪際?
@この後、何かが起こることを示唆してる。
 何か事件でも起き始めれば、もうチェスなんかしてる場合じゃない。
@あるいは、金蔵が死ぬかもしれないし、南條が死ぬかもしれないし……

金蔵、昼のような激昂はない
 心穏やか 運命に身を任せる
「ここを出るのはベアトリーチェが蘇る時か、鍵の生贄に選ばれた時
「もう悪魔のルーレットは回っている

@鍵の生贄……
 「鍵の選びし六人」ってからには、鍵が見つかってなきゃ始まらないんじゃないか?

食堂


楼座「真里亞に傘を貸してくれた人は??
親たちは楼座が出て行った後も部屋を移して話の続き

蔵臼「私と絵羽と留弗夫と秀吉と霧江ではない。
霧江「夏妃と楼座が出て行った後もずっと一緒
郷田「ずっと厨房で準備
紗音・熊沢
真里亞「ベアトリーチェ
@熊沢と紗音が出てきた時点で真里亞の「ベアトリーチェ」発言。
 曲解すれば、真里亞がこの二人を「ベアトリーチェ」と呼んだようにも見える?
 微妙。

熊沢・紗音「一緒に部屋の準備
夏妃「雨の中ゲストハウスに帰らなくていいように屋敷内の客室を準備
紗音「私と熊沢と嘉音の3人で準備
 源次からゲストハウスのお子様方を呼びに? 嘉音が行く
熊沢「嘉音がゲストハウスに行く時に渡したのでは
真里亞「ちがう
夏妃「部屋で休んで

@真里亞が完全に蚊帳の外。信用されてないのが不快そう。

★【別解釈】
 近くにあっただけの傘を、真里亞が「ベアトリーチェが貸してくれた」と解釈したなんてのも考えられる。
 偶然とか解釈のズレとか、そういうのでもいい。

★それより、楼座を初め全員が最初から真里亞とのコミュニケーションを放棄してることの方が問題。
 原作の鉄平の扱いを思い出す。

譲治たち「違う
★「余計な一人」を作り出そうとする誘導的な流れ。
 あからさま過ぎるので、逆に不必要に思えてくる。いなくても成立する話ならそれでいい。
★一番重要な、真里亞に直接詳細を尋ねることを誰もしない。

南條はチェス。金蔵でもない
源次?
隠すべきことではないのに 誰も挙手しない

留弗夫「真里亞に聞けばいい
秀吉
真里亞「ベアトリーチェ

朱志香「まさか本当に
戦人「冗談が言えるタイプか
 「真里亞がベアトリーチェと言ったら間違いなく
朱志香「何かの比喩とか冗談とか 額面どおりの意味

@やはり「ベアトリーチェ」の具体的な容姿の形容や、交わした会話の内容など一切の情報がない。
★つまり、直接会ったことを示す材料が何もない。
 ただ真里亞がどこからか傘を手に入れ、それをベアトリーチェから借りたと言っている。それだけにも見える。

★傘自体の「所有者」ぐらいは分かるんじゃないか?
 誰も知らない傘なんてこともないのでは。
 忘れ去られた傘?
@なぜ所有者を追及しない。
@所有者が名乗り出ないということは、この中に所有者はいない?
 あるいは屋敷の備品か。

静かな晩餐
@みな何か感じるところがある?

廊下


熊沢たち
源次・嘉音
源次「傘?
@やはり傘の所有者に関しする言及がない。
「お館様でもない

嘉音「ベアトリーチェさまが本当に
源次「わからん

★★かなりキャラの「思考」に制限がかかってる感じ。
 あるいはキャラの「発言」に制限がある。
 ・傘の所有者
 ・貸した人物などそもそも居ない可能性
 このあたりに関する話がない。
@つまり、作者がそういうものを隠したいか、排除したいか、考えてないか。

嘉音「お館様にお知らせ?
源次「よい 本当にお戻りになられたなら、自ずと? 
 「気まぐれなお方
@源次はベアトリーチェに会ったことがあるかのような口ぶり。
 ないだろうとは思うが。

嘉音「お館様の儀式は すでに始まっている
源次「おそらく 我ら家具には何の関わりもない
@この傘の話だけで「儀式」ってか。
 妙な雰囲気を作り出すこと自体が「儀式」ってなら始まってるのかも。

夜の支配者=魔女
@ここは引っ張ろうとする雰囲気に飲まれずに、キャラの“妙な”思考・言動・行動を観察するところ。

食堂


陰鬱な空気
話題も続かない
すっきりしないまま晩餐は終わる

郷田のスピーチも及ばない
@郷田にとってはちょい凹むところか。
@蔵臼や夏妃は、もてなす側ではあるんだっけ。雰囲気を挽回しようとするのは彼ら?

絵羽や留弗夫たちの機嫌の悪さ
戦人にも感じられる
@カネをめぐる会合をした後だ。
@そういえば金探しはどうなった?これから開始?

霧江「子供たちの進路は? とかそういう話
@誤魔化すにも無理あるだろう
@留弗夫のフォローがないな……余裕がないのか。

「戦人くんは将来?
戦人:霧江は話をはぐらかし?
 それを理解して、突っ込むのをやめる

茶が出てきて食事は終わり
@ここらで誰か毒殺されないだろうか?
 あるいは銀スプーンの色が変わるとか。
 そろそろ動きがあってもいい頃。

真里亞:雷鳴が面白くて仕方ない
手提げを漁る
特別な関心を払う者はいなかった
@なんだなんだ……?
 何かとんでもないものが飛び出しそうなフラグなんだが……
 ……分からん。物騒なものが出てくるのか……汚いものが出てくるのか……
@変なものが出てきたら、マナーがどうとかでまた楼座がキレそうだ。

譲治「何だい どこから持ってきたの 
綺麗な洋形封筒
@家紋入り……

★傘が「あった」だけのものなら、一緒にこの手紙があった?
 この手紙に「ベアトリーチェより」とでも書いてれば、真里亞が「ベアトリーチェ」の傘だと解釈するには十分。
 傘に「べあとりいちぇ」とか書いてあったらギャグだったが。

★これが儀式の開始を告げるモノなら、明らかに“仕掛け”だ。
 なぜか真里亞をピンポイントで狙ってる。
 どの時点で真里亞を狙って仕掛けたのか……
 どのみちできすぎだ。

★手紙で妄想
 もしこの手紙の入手が「鍵に選ばれた」ってことだったとしたら、金蔵が直接仕掛けたことではない。
 金蔵も自分が「選ばれるかどうか」は分からない風だったから。
 つまり、金蔵以外の誰かが、これを仕掛けてるってことに。
@であるなら、もう誰かが碑文の謎を解いて鍵を発見したってことに。
 ならもう碑文の序盤はプレイヤーの知らないところで用済みに……
@で、その「鍵」に何か指示があって、鍵の発見者が、6人に手紙を渡してるとか?
 この時点で各キャラの部屋なんかを調査すりゃあと5枚の手紙が出てくる?

家紋 箔押し
赤黒い蝋
南條「金蔵さんの
★金蔵の作った儀式や道具を他人が利用している感じ。
 金蔵が直接真里亞にってことはないだろう。

金蔵がプライベート用に作らせた特注の封筒
金蔵からのメッセージが収められている

秀吉が引っ手繰ろうとする
真里亞「真里亞が読む 真里亞がみんなに読んで聞かせなさいって言われた
★おいおいおいおいおいおいおいおい「言われた」って……!
 ベアトリーチェ?に「言われた」ってこと?
 なら、傘と手紙は「あった」のではなく、誰かに「渡された」ってことになる……
@確定はできない

真里亞「傘を貸してくれた時にベアトリーチェにもらった ご飯が終わったら、真里亞がみんなに読んで聞かせろって言われた
@めちゃめちゃ仕込んでるな……

「魔女のめっせんじゃ

外れた蝋封は確かに右代宮当主の紋章
南條「自分が指にしている 指輪で刻印する
★おー!金蔵が窓から投げ捨てた金の指輪か!? 
 あれも伏線だったってことか……やられた……
@指輪で蝋封ってのは見覚えあるが、ここで使われるとは……

★つまり、キャラは知らないが、プレイヤーはこの蝋封が必ずしも金蔵によるものではない可能性を知ってることになる。
@手紙が作られたのが、金蔵が指輪を捨てた後とは限らない。
@封筒の入手元は分からない。

蔵臼「親族なら受け取った手紙の蝋封を元に 偽の紋章を?
留弗夫「証明不可能
恐れていた 金蔵の意思
@自分に不利な内容だったらヤだよなそりゃ。

遺産に関して決定的に不利な発表をするのではないかと

夏妃「怪文書
★まだ誰も、ベアトリーチェの具体的な容姿について真里亞に尋ねようとしない……

留弗夫「本当に親父の手紙?
蔵臼「ありえん いつだって源次を通じて

真里亞が読む魔女の手紙

「真里亞が手紙を読むシーンについて」
→(補足)【うみねこ】[第一話プレイメモ][補足](10/04 17:00→18:00?より) 「真里亞が読む魔女の手紙」全文+メモ

書斎


集まった親たち
金蔵食事中 紗音
源次 
嘉音「真里亞がベアトリーチェの手紙を?
★伝達速いな嘉音。すぐに報告に来たのか。

★嘉音で妄想
@ここは、嘉音が食堂での真里亞たちの様子を見てから、報告に来たと考える。
 しかし、嘉音がソレを見ずに報告してる可能性がある。
@つまり、真里亞に手紙を仕掛けた本人であれば、食堂の様子を見ずに推測だけで“それらしい様子”を金蔵に報告できる。
@真里亞に一番傘を渡せそうだったのは嘉音だし……と考えるとキリがない。

金蔵「さっそく始めおったか 負ける気はないぞ
「私が再びお前に奇跡の力というものを見せてやる
★金蔵は一度は奇跡の力を示したと? なんだそりゃ……

@あ?、手紙のインパクトは強い。
 まさかこんな道化師じみたことをしてくるとは思わなかった。

手紙の謎に関するメモ

・「どうやって金蔵が投げ捨てた指輪を手に入れたか」
→部屋の中に使用人がいて目撃?
→偶然拾った?
@偶然にしてはその後の手紙以降の展開ができすぎだ。

・「特注の封筒はどこから手に入れたか」
→金蔵に手紙をもらったことがあれば誰でも。
→部屋に入れればどうにでもなるか。

・「金蔵の魔女との契約をどこで知ったか」
→1話冒頭で、使用人や南條の前で話している。

・「手紙を書いたのは誰?」
→18人の中にいるのか、いないのかすら分からない。

・「真里亞に傘と手紙を渡したのは誰?」
→コレも分からん。
→真里亞の「言われた」発言からは、人物を通じて「渡された」ように思える。
→ただ「あった」だけ等の可能性を否定するには至らない。

・「なぜ手紙で儀式を開始を宣言した?」
→金蔵の儀式の意図を理解し、それにあわせて行動する謎。
→なぜそんなものにノる必要がある。勝手に回収すればいいだろう。

・「金蔵に命令されたわけでもないはず」
→金蔵自身も「ベアトリーチェ」の具体的な動きを掴んでいない。
→金蔵は「鍵に選ばれる」かどうか「生き残れる」かどうかなど自分でもわからない。
→金蔵とは全く独立していて、なおかつ儀式を進めようとする意志を持つのは何故。

・「金蔵とは別の人間が儀式を進めようとしているなら……」
→碑文を用意したのは金蔵ではなく別の誰かである可能性も?

・「金は存在する?」
→金蔵はそれを否定していない。
→魔女も肯定している

・「肖像画の姿のままのベアトリーチェが既にいる?」
→否定する要素はない。いるかもしれないし、いないかもしれない。
→だが肯定する要素も何もない。

など。





◆「20:00→22:00」へ


【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 14:00→15:00?

【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 20:00→22:00? ?
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。