雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 14:00→15:00? 

(2007/08/26までにプレイしたのはここまで)

■:キャラ関連
@:感想など
★:特に注意しておきたいこと。

 以下ネタバレ。


14:00→15:00


浜辺 子供たち
碑文について

真里亞が碑文をメモしている
真里亞「忘れっぽいからちゃんと書く
★キャラ設定じゃ「天才的暗記力」とあるが……メモ?
 特定のことがらしか覚えられないってことかね……? 
 不明。
■真里亞:特定のこと以外は忘れっぽい?

*設定の間違いなんてのはちょっと勘弁して欲しいところだが、ありえなくもないからなんともいえない……

戦人たちの「碑文」考察


・1行目「懐かしき、故郷を貫く鮎の川。

戦人「爺さんの故郷は?
朱志香「小田原のあたり
譲治「早川 渓流釣り

★当たり前だが、謎が解けるにしても解けないにしても、行動範囲は島の中だけだろう。
 なら小田原は関係ない。あるとしても、直接行く必要はないはず。

■紗音:住み込みで働いている
@キャラ設定だと他にも使用人はいるが、住み込みは一部だけ?

・「川を下れば、やがて里あり。

川を下れば海に出る
譲治「小田原城があるところ
紗音・朱志香「修学旅行で小田原城
@二人とも新島の学校だった?

小田原城の隠し黄金?
朱志香たちもそこまではいきついた。

・「その里にて二人が口にし岸を探れ。

@確かにここから暗号っぽくなる。
岸のつく地名
紗音「曽我岸という地名が小田原に 
そこまではいきついたが、そこからが分からない。

曽我岸→山の中 浅間山の山ろく

金蔵の故郷
紗音「金蔵→関東大震災について他人事 遠方に住んでいた?
 分家も分家
懐かしき故郷が小田原ではない?

スタート地点が分からない

次の行


戦人「鍵をすっとばして 次の行に
急に物騒に

・「第一の晩に、鍵の選びし六人を生贄に捧げよ。

譲治「少なく見積もっても11人が生贄
真里亞「ベアトリーチェが蘇るための生贄
紗音「結局はみんな死んでしまう
朱志香「みんな死んでしまうのに黄金郷に至
譲治「鍵を手にいれた当人も生き残れないに含まれるのか 解釈

・「第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。

@魔女自体は最後まで生きてるんだから、自分が魔女になりゃいい?んなこたーない。
@「生き残れはしない」っつってるだけで、「殺せ」という風に殺害が条件になってるわけでも、死ななければならないわけでもない。
 だから、ここで何か生き残る方法がありさえすればいいってわけだ。

戦人「4つの宝の行
・「一つは、全ての死者の魂を蘇らせ。
「みんなしんじまったってのと掛けてる?

★★ああ、インタビューの「全滅がハッピーエンドってのもありうる」ってのはこういうこと?
 全員殺しても全員生き返ればいいし、魔法が成ればいいという。
 全部ひっくり返せるならアリなのか……
(参考)【うみねこ】 「うみねこのなく頃に」インタビュー(アキバBlog)について

紗音「一つは、失った愛すらも蘇らせる。は 第二の晩に、残されし者は寄り添う二人を引き裂け。に掛けてる?
譲治「一つは、魔女を永遠に眠りにつかせよう。は 第九の晩に、魔女は蘇り、誰も生き残れはしない。に掛けてる

@清算され、黄金だけが残る。

真里亞の中の魔女


魔女を胡散臭がると真里亞がキレる。
手帳の別のページにファンタジックな魔女のイラスト

魔女は魔法の夢を具現化できる唯一の
魔女ベアトリーチェは真里亞の夢

譲治「真里亞にとっては黄金の隠し場所ではなく魔女を蘇らせるための魔法
@奇しくも祖父さんと一緒ってわけか。
 祖父さんの目的も黄金じゃなくて魔女……

機嫌の直らない真里亞

紗音「使用人たちの間 ベアトリーチェの怪談
 この島に屋敷が建てられてから語り継がれている 
 当時の使用人たちは、お屋敷には昼と夜で違う主がいると囁きあっていた
森の魔女がやってくる?
 「閉めたはずの窓が開いていたり 魔女が悪戯を

 「鬼火や輝く蝶々 嘉音もそれらしいものを夜の見回りの時に
@ここだけ毛色が違うな……誰かが夜中にコッソリ外に出て何かやってるなんてことは、ありそうな話。
@例えば……蔵臼あたりが黄金探索に出てるとか。隠し部屋だの隠し通路だの座敷牢の類でもあるとか。

 「最近では深夜に不思議な足音 肖像画のベアトリーチェが 散歩? 紗音も足音を聞いたことがある
 「ベアトリーチェはもう一人の主 敬意を払えば問題ない
 「敬意を持たないと危ない 怪談を転がり落ちて腰に大怪我をして辞めた使用人 ベアトリーチェを悪く言っていた
@足音とか典型だなぁ……怪談を隠れ蓑にして裏で何かやってるとか。
 とりあえず何もないってことはないだろう。
@紗音や嘉音自身が噂を流してるなんてことも。
 いやもっと前から?
 古い使用人か……
 想像しすぎか。

譲治→真里亞「戦人と朱志香が魔女の怒りに触れないようにするまじない
★こーりゃ重要そうだ……

真里亞の手提げから安っぽそうなおまじないアイテム プラスチックのブレスレット サソリをモチーフにしたメダル
@サソリ……スコルピオス……

真里亞「サソリは魔除けの力があるから
★1話目だし、このお守りをぞんざいに扱って、よくない展開……ってのがありそうな所だ……
 効果を発揮するのではなく、発揮しないためにあるお守り。
 効果を発揮するとしても第一話ではなさそうな。
@いや、効果があるってことが分かるように、効果を発揮してくることもあるのか?
 でもそれじゃ魔法だ……

魔除けの魔方陣に描かれてきた
真里亞「サソリは悪い魔法や最悪から守ってくれる エメラルドは心に平和を だから二重で効果
サソリがエメラルドを抱いて守っている

話の主役を真里亞に
風と雨の気配

庭園


庭園の薔薇
今夜の台風でめちゃくちゃに?
★真里亞が薔薇を守って外に出そうだな……で、捜索が出たりしてミイラ取りがミイラコース。

真里亞「真里亞の薔薇 台風で?
@おーけー、作中でもやっぱり触れてきた……
 先に保護するなりすりゃいいんだけど……
 さてどうする?

消えた薔薇


あの薔薇を探すが見つからない
真里亞から離れようとする戦人の上着を引っ張る真里亞
@警告……?「不自由なアラーム」

真里亞「真里亞の薔薇はここ
@警告じゃないのか……

現にそこにはない だが他を探そうとすると真里亞が怒る
@んー。場所はあってるが薔薇がない……包み紙が飛んだか、誰かが持ち去ったか……

真里亞:あるはずなのにない? 不機嫌に
@持ち去られたとして目的が分からんか。薔薇の保護? 使用人が気を利かせた? 郷田?

★★
 ああまさか、郷田が使った薔薇の花びら、あれが真里亞の薔薇だったとか・・??
 おいおい。
 できすぎだがありそうな話だ。
 真里亞にはデモの血のついた絵がある。そのきっかけがコレとは、まだ気が早そうだが……
 郷田が薔薇の花びらを使ったデザートを出した時点で、このぐらい思い至っておきたいところだった。悔やまれる。

@ここから発展して、嘉音が意図的に真里亞の薔薇を摘み、郷田をハメようとした……なんて展開もあるかもしれない。
 郷田が点数マイナスになるような真似をするとは考えにくいが、あの場には嘉音もいた。
 嘉音か郷田。どっちかといえば嘉音か……


朱志香「真里亞はすごくどうでもいいことを気にしはじめてしまう
@やばそー…薔薇を探して何かやっちゃいそうだ。

楼座→真里亞叱責


楼座がくる。
@この楼座は話し合いの後のはず……時系列微妙だがなぜ外に?
 特におかしな様子もないか……

楼座が怒る。
「うーう言うのをやめなさい 誰かが抜いた
真里亞「抜いたの誰
楼座が平手
真里亞は余計に騒ぐと。
楼座「だからクラスの子たちにも馬鹿にされる
また平手と。
@あーらら。
 楼座のキレ方は酷いな。見苦しいというかなんというか。
 自分の娘のせいで自分が恥をかくのが耐えられない感じ?

戦人が止めるもまた平手と。
@わはは。

戦人「うーうー言うのも可愛い
楼座「馬鹿言ってんじゃない 真里亞がいくつか 9歳 小学4年生
@他人の子供と比較して劣等感をもつ……
@楼座の「大人になった実感がない」ってのはこのあたりのこともありそう。
 自分が鉄拳で育ったから子供の育て方が分からない 
 兄弟や周囲の比較にさらされて常に劣等感にさいなまれる。
 そして頭がガッチガチに固い。こんなところか。
@戦人か他の面子に楼座を張り倒してでも止める気概がありゃなーと思うところだが……

楼座「クラスでなんて言っていじめられてるか 変な口癖のせいで友達の一人もいない
 無責任に真里亞のことを可愛いとか言って現実から目を?
@という楼座だが、目の前の現実ってのは、いい年した母親が人前で娘を怒鳴り散らす見苦しい有様なわけだ。

★周りのキャラがどう出るかで大分キャラクターの印象が決まりそう……

譲治「そのまま社会人にはなれない 見ていて気持ちのいい光景ではないけれど 叔母さんたち親子の問題
★あーやっちまった。
@つまんねー……このあたりが金蔵のいう「譲治には男としての器がない」とかそのあたりか。

★リアルにこの問題についての正しい対応を議論する必要は特にない。
 この作品の中で、何が正しいとされているのか……何が正しそうなのか。そこだけが重要。
 マンガ的な対応で十分。見ていてつまらない対応は、本当にただつまらないだけ。これは「物語」

譲治「怒られてるところを誰かに見られたいとは思わない
戦人と朱志香は譲治についてその場を後に

★こりゃ真里亞には裏切られた感じしか残らなさそうだ。
@ここで何か、見てて面白い展開にならないあたりが、今回のやばさ、第一話の世界の問題を物語ってる感じ。

★確か「一緒にいれば?」ってのがあったはず。
 ここで真里亞だけ置いていくってのが、既にそこに反してる。
 多分一緒にいなきゃダメ。

真里亞が一人残される
薔薇を探し続ける
★こりゃヤバイ。
 限りなく明白な危険フラグ……

雨・書斎


金蔵

窓辺へ 生まれてから死ぬまで孤独
「遅かったではないか ベアトリーチェ
@こりゃ「お迎え」ってやつかい?

「さあ始めようではないか 私とお前の、奇跡の宴
「今こそこの島は現世より切り離された
「生贄は十分に 運命の鍵は 悪魔のルーレットに従い 生贄を選ぶ
@「お迎え」違う。
@ベアトリーチェ=雨・台風ってところか……

@なんだっけ、「クローズドサークル」の宣言みたいなもの?
 とりあえずそれっぽい用語でも使っとけ的な。

金蔵 黄金の指輪を窓の外に




【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 14:00→13:30? ?

【うみねこ】[第一話プレイメモ][時系列] 10月4日 17:00→18:00?
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •