雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【うみねこ】 「うみねこのなく頃に」プレイ前に 

 まだ本編は起動すらしてません。
 
 自分がプレイする前に、どういう風に読み進めるとか、情報を整理するとか、考察していくとか、そういうことに関してメモしておきます。
 いろいろ書いてはいますが、なんとなくそういうことを意識してみるというだけ。
 あるいは「こんなことを意識してみるといいかもよ」的なことです。
 実現できるかどうかは度外視。 

 プレイしてないので、ネタバレはありません。


作品趣旨に従ってみる


 何か指示が出てれば。
 まだちょっとよくわかりませんからねえ。

 「推理は可能か不可能か」……てことなら、可能に決まってるんですけどね。
 「推理」なんて日常の中でほとんど無意識的に行われてる精神活動のひとつ。寝ぼけてなきゃ大抵誰でも「推理」してますよ。
 テレビでお笑い番組を見ながら欠伸しててもね。

 なので多分、「ある条件に見合う結論を導くのに前提が足りてるか足りてないか」ぐらいの意味なんでしょう。ミステリ的にいえば「フェアかそうでないか」ぐらいの。
 あるいは「十分に前提がそろってても正しい結論を導くのが困難なので、それが可能かどうか」というユーザーの能力を問うているのかしら。
 これは最低でも「出題」が終わってみないと分からないですよね……
 

各キャラクターの特徴を把握


 とりあえずキャラクターを把握しないと何がなんだか分からないので、各キャラの特徴を整理します。
 「行動の傾向」「能力」「口調」「目的」などなど。

キャラクターの同士の関係


 誰と誰の仲がいいとか、悪いとか。
 あるいは「上下関係」「利害関係」などなど。



時系列の把握


 時間ごとの各キャラの行動やイベント表。
 今回は期間が短そうなので、細かい時系列になるかも。
 

設定や小道具の分離


 『ひぐらし』でいえば「スクラップ帳」や「フレデリカの詩」や「昔話」のような“小道具”を分離します。
 あるいは「雛見沢症候群」の各種特徴や「羽入」の特性などに相当する“設定”も分離。

 このあたりは「設定考察」を進めるためのもので、“物語”とは別にして考えます。

複数のストーリーラインを探る


 『ひぐらし』でいえば……
 「部活メンバー個別のストーリー」
 「部活メンバー全体のストーリー」
 「村単位のストーリー」
 「“東京”側のストーリー」
 「その他各キャラのストーリー」
 などなど。
 どんなストーリーがあって、どんな風に絡んでいるのかを探っていきます。

物語上の問題・課題のチェック


 「家族が仲良くならなきゃならない」とか「誰も死なせてはいけない」とか。
 あるいは「金塊はどこ」とか「殺人犯は誰」とか。  
 さらには、「個人の精神的問題・トラウマの類」とか。
 今後“解決”が必要になりそうな問題・課題のチェック。

問題点のチェック


 「作品としての問題点」……何かミスがないかチェック。
 ミスなのかミスでないのかも考える必要があります。
 誤字脱字のような類。



回収された伏線と回収されない伏線


 伏線も片っ端からメモっておき、それが回収されていく様子を観察。
 残ったものは次回以降に持ち越し。

 同時にそれらの伏線から「展開予想」ができます。

 伏線ごとに番号でもつけてみると面白いかも?

解ける謎と解けない謎


 まず自分が思う「謎」を片っ端からメモ。
 それぞれについて随時考察を進めます。

謎には二種類ある

 謎には「与えられる謎」と「見出す謎」の二つがあります。
 「与えられる謎」は、「謎」として作品中で提示されるもの。

 「見出す謎」は、提示されるのではなく勝手に見出すもの。
 同時に私にとって論理的なものではなく感覚的なものでもあります。
 感覚的に“重み”が変わり、閾値以下のものは無視されるからです。
 「見出す謎=考えたくなる魅力的な謎」と言い換えてもかまいません。

 また「与えられる謎」と「見出す謎」は同位ではなく、作品においての重要度は「与えられる謎」の方が高いです。



 プレイしてから考えるんじゃなくて、プレイしながらリアルタイムで考えていくのが重要。
 何も考えずにボケーっと見てて最後だけチェックすればOKみたいな推理ドラマの流し見状態じゃ、チートしてRPGするようなもの。
 “私にとっては”ですけど。

 最終的に、この一話だけで「答え」の出た謎を除き、残ったものが「解けなかった謎」
 この中で明らかに条件や情報が足りないものは「解けない謎」

解けない謎


 「解けない謎」については、何が加われば解けるのかを考えていきます。

 “あとひとつ情報・条件があれば分かる”なんてものがあったら非常に都合がいいですね。
 そういうものこそ、「複数の物語を重ねて透かす」ために用意されたものかもしれないわけですから。

(参考)【ひぐらし】 もう一度「圭一の遺言」について考える
 勝手に作品に「条件」を追加して「答え」を出し、「解けたことにしてみる」実験。



公開前提のプレイメモ


 いつも公開しない前提で書いてますが、今回は最初から公開を前提にして書いてみようかなと。
 時間かかりますが。
 何回かに分けてアップする予定。
 予定は未定。

 「書きながらプレイしてたら物語に没頭できないんじゃないか?」なんてこともあるかもしれませんが、私の場合は経験上大丈夫。
 目から鼻水たらしながらメモってるなんてことも時々あるぐらい。

イメージ図などの作成


 人物相関のような基本的なものから、ストーリーの構造の仮想的なモデルのようなものなどなど。
関連記事


こんばんは(って言ってもうみねこ真最中かな)。
やはり家のノートパソコンでは動かないいいぃぃぃ。
なのでしばらくはうみねこ購読済みの人の記事を読む事にしてます。早く体験版でないかな。
管理人さんの記事、参考にさせて貰ってもいいですよね?
削除用PASS 979797
[ 2007/08/19 23:44 ] Y9YUZDuA[ 編集 ]
ご愁傷様としか。
どうぞご参考に。
[ 2007/08/19 23:45 ] VhNaT.1s[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •