雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

【ひぐらし】[PS2] PS2版憑落し編終了 

 特に謎らしい謎もなく、ただ祟殺し編の派生として終わっちゃった感じですね。

 以下ネタバレ


 原作を全く知らない場合は、症候群や山狗といったキーワードが必要な場面に疑問が出るでしょう。 そうでないなら解釈に困る部分はないかと。

 沙都子が殺人を犯す展開ってのは今までなかったんで、そこは良かったかも。
 本来一番発症しやすいのは沙都子のはずなんで、薬が切れ次第何をやってもおかしくないキャラです。
 ただ、トラップ全開で大量殺人してくれるぐらいのを見たかったってのはありますね。軍隊相手に戦えるのが沙都子ですし。
 殺したのが詩音一人じゃぁ、他と比べていささか地味な結末です。レナなんて学校爆発させてますからね。

 問題点を挙げるとすると、「警察」という要素を無視しないとこの展開が成り立たないことでしょうか。

 まず祟編等がそうであるように、北条家は警察によって監視されています。
 にもかかわらず鉄平を見失う……という無理を通してしか成立しないのが祟殺し編です。 

 今回の憑落し編では、鉄平を殺した後、詩音が沙都子をつれて、スクーターで北条家に戻っているわけですが……
 その間もまた警察との接触がないことになってしまう。
 更に“警察が鉄平などを探しているにもかかわらず”、北条家でしばらく沙都子と詩音が生活しちゃってます。
 さすがに警察も見つけるだろうと。
 
 ありえない展開とは言いませんが、ちょっと苦しいのは指摘せざるをえないところでした。
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •