雛見沢研究メモ
ひぐらしのなく頃に・うみねこのなく頃にの考察・ニュース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] 【スポンサー広告はてなブックマークに追加

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

【ひぐらし】[PS2] PS2版綿流し編プレイ中です 

 綿流し編、途中までは新鮮で面白かったですね。
 “魅音寄り”のルートが追加されてて。これはこれでいい感じ。
 でも、途中で元々の本編と合流する時に、シナリオの整合性が甘くなってるのが痛いところ。
 ちゃんと仕事しようぜ。

 「すべてのネタバレを踏まえて最初からプレイする」というのが今回の目的なんですが、綿流し編で鷹野が色々語りだすあたりで、その肝心のネタバレを、どうも私自身が把握しきっていない……というか、ぶっちゃけ忘れてるということに気づきました。

 それで、鷹野の内面を想像しきれない、園崎の動きを想像しきれない……などの問題が。
 ・鷹野が祭具殿に執着するわけ
 ・園崎ブラフが生まれたわけ
 とかそんな感じのネタを考えてたんですが、本編でどこまで情報が出てたか把握しきれず、行き詰まりました。

 鷹野は、園崎・症候群・村の歴史などについて知らないことが多いってこと。園崎は「白」なんていわれますが、本編に登場する事件については白であっても、歴史上ずっと「白」だったかといえばそんなことはないはずだ。あとは、実は怪死事件は強烈に「偶然」の要素が強くて、関わっていた鷹野自身にとってもオカルトじみていたんじゃないか。
 そんな感じのもろもろについて考え中。
関連記事


コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
バナー
サイト内検索


bare
はてなブックマーク数

カテゴリー

【配布物】
[うみねこ辞書用テキスト配布]
[ひぐらし辞書用テキスト配布]
ネタバレバナー ver.2.1

このサイトについて
ブログパーツ



  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。